安藤忠雄

 社内の技術者向けイベントの招待講演で、建築家の安藤忠雄氏の話を聞いた。
 曰く・・60年安保以降、日本人は自分でものを考えることを放棄した。自分でものを考えないところに創造なんてない。もう日本は終わっている等々。うむうむとうなづきながら聞いた。
 会社員であることと創造ということについて、私自身が思っているところとずきずきと感応するところがあった。
 なかなか大阪っぽいノリもあって話も上手だった。何回も会場が笑いに包まれたけど、安藤忠雄は日本人や会社員に対して、ある意味、深く絶望しているのだと私はすごく感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)