2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 今日 | トップページ | 水兵さんのケーキ »

湖の上を歩く

Kokologmizuumi


イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。マタイ14:31
 湖の上を歩いてこられるイエス様を見て、ペトロは自分も歩きたいと願って、湖を歩いた。
 ここで、湖の上を歩く!?そんな子供騙しのような奇跡を信じられるか!という突っ込みもあるだろう。でもイエス様と共に生きる時、湖の上を歩く以上の奇跡は往々にして起こるのだ。
 とにかくペトロは湖の上を歩いた。ところが強風が吹いたとたん、怖くなってしまって、沈みかけた。もちろん、イエス様は手を伸ばしてすぐに捕まえ助けてくださった。

 風が吹き出したときのペトロの気持ちは良く分かる。最初に、イエス様と歩く時、湖の上を歩く以上の奇跡は往々にして起こると豪語したくせに、風が吹き出すと、つまり、自分の心もとない現実に心が奪われたとたん、へなへなと情けなくなってしまうことがある。そうすると、恐ろしくなり、魔法がとけたように沈んでしまう。現実の水の中に溺れてしまう。

 そもそも、わたしの日々はいつもおっかなびっくり湖の上を歩いているようなものだと感じることもある。最近、とみに感じる。信仰の確信があれば、堂々と不安に思うことなく歩けるはずではないか?そう言われるかもしれない。しかし、実際の気分は、コンクリートのかっちりした道を歩んでいる感じではなく、水の上で水の冷たさや波を足裏に感じながら歩む歩みの感じ。ふわふわよろよろしながら歩んでいるような、なんとも心もとない思いが絶えずある。
 そして、風が吹くと怖い。いや吹く前から恐怖に捕らえられることもある。
 なんて情けない。
 でも、このことは分かっている。「主よ、助けてください」と叫べば、主は腕を伸ばし助けてくださる。だから、安心。そう、分かっている。たしかに分かっていても、時々、怖い。やっぱり怖い。

 「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」
 主はまず救いの手を差しのべてから、救いあげてからこう言われる。
 「信仰の薄い者よ」「はい、すみません。」
 でもまた怖くなる。
 「信仰の薄い者よ」「はい、すみません。」その繰り返し。
 牧師のくせになんたること。
 しかし、私の信仰の薄さなんて、主はそもそもご存じだ。その上で、まず救いの手を差しのべてくださる。
 歩き始めた子供のように親の顔だけを見て一歩一歩歩けたら良い。主の顔だけを見て。倒れそうなとき、倒れる前に主の腕が伸ばされる。心もとない歩みもまた主のまなざしのうちに祝され守られている。そう思う時、水中に溺れそうな日々も、そのときは息もできない苦しさであっても、かけがえのない日々だろう。
 そして、一生かけて、心もとない歩みの歩行距離を伸ばしていくのだ。

« 今日 | トップページ | 水兵さんのケーキ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

聖書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/65553634

この記事へのトラックバック一覧です: 湖の上を歩く:

« 今日 | トップページ | 水兵さんのケーキ »

これんのTwitter

無料ブログはココログ