2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 2017年6月 | トップページ

湖の上を歩く

Kokologmizuumi


イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。マタイ14:31
 湖の上を歩いてこられるイエス様を見て、ペトロは自分も歩きたいと願って、湖を歩いた。
 ここで、湖の上を歩く!?そんな子供騙しのような奇跡を信じられるか!という突っ込みもあるだろう。でもイエス様と共に生きる時、湖の上を歩く以上の奇跡は往々にして起こるのだ。
 とにかくペトロは湖の上を歩いた。ところが強風が吹いたとたん、怖くなってしまって、沈みかけた。もちろん、イエス様は手を伸ばしてすぐに捕まえ助けてくださった。

 風が吹き出したときのペトロの気持ちは良く分かる。最初に、イエス様と歩く時、湖の上を歩く以上の奇跡は往々にして起こると豪語したくせに、風が吹き出すと、つまり、自分の心もとない現実に心が奪われたとたん、へなへなと情けなくなってしまうことがある。そうすると、恐ろしくなり、魔法がとけたように沈んでしまう。現実の水の中に溺れてしまう。

 そもそも、わたしの日々はいつもおっかなびっくり湖の上を歩いているようなものだと感じることもある。最近、とみに感じる。信仰の確信があれば、堂々と不安に思うことなく歩けるはずではないか?そう言われるかもしれない。しかし、実際の気分は、コンクリートのかっちりした道を歩んでいる感じではなく、水の上で水の冷たさや波を足裏に感じながら歩む歩みの感じ。ふわふわよろよろしながら歩んでいるような、なんとも心もとない思いが絶えずある。
 そして、風が吹くと怖い。いや吹く前から恐怖に捕らえられることもある。
 なんて情けない。
 でも、このことは分かっている。「主よ、助けてください」と叫べば、主は腕を伸ばし助けてくださる。だから、安心。そう、分かっている。たしかに分かっていても、時々、怖い。やっぱり怖い。

 「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」
 主はまず救いの手を差しのべてから、救いあげてからこう言われる。
 「信仰の薄い者よ」「はい、すみません。」
 でもまた怖くなる。
 「信仰の薄い者よ」「はい、すみません。」その繰り返し。
 牧師のくせになんたること。
 しかし、私の信仰の薄さなんて、主はそもそもご存じだ。その上で、まず救いの手を差しのべてくださる。
 歩き始めた子供のように親の顔だけを見て一歩一歩歩けたら良い。主の顔だけを見て。倒れそうなとき、倒れる前に主の腕が伸ばされる。心もとない歩みもまた主のまなざしのうちに祝され守られている。そう思う時、水中に溺れそうな日々も、そのときは息もできない苦しさであっても、かけがえのない日々だろう。
 そして、一生かけて、心もとない歩みの歩行距離を伸ばしていくのだ。

今日

Yozora


 会社員時代、ある時、中年の社員対象の特別なセミナーを受けた。(受けさせられた)
 それは、要は<セカンドライフ>についてのレクチャーだった。「昔は、定年後も、公的年金と企業年金でそれなりの生活が可能だったけど、今はそうじゃないんだよ、年金受給年齢は引き上げられているし、企業年金だってあてにしないでね、今からしっかり定年後の生活設計立てておきなさいよ」というような内容だった。まあ会社が定年後の生活まで心配してくれてご親切に~、、、、なんてことではなく、この年代に達したあなたたちは、今後、昇格も昇給も見込めないのだから会社にしがみつかないでね、会社に期待しないで、資格取るなりなんなり早いうちから<セカンドライフ>への準備をしなさい、準備ができたら、さっさと退職してもいいですよー、ということ。

 そのセミナーで、ひとりひとり、定年後の自分の生活プランを想定し、そのために、これからどう準備したらいいかというロードマップも書かされた。ロードマップ作成自体はけっこう面白くて、何歳までにこれこれの資格をとって何歳までにこれをやって、という計画を立てた。なかなか物珍しく、充実したセミナーであったと言えなくもない。

 しかし、考えたら会社員時代、「先のことを」良く考えさせられた。年に一回の業務上の育成プランの検討では10年後のなりたい自分5年後のなりたい自分とかを思い描いて、そのためにどのようにこれからスキルアップ、キャリアアップしていくかの計画を立てた。もっとも、まじめにその育成プランを作成しても、突然の異動やら組織変更で、全く仕事内容が変わってしまうこともあった。なので、プラン作成半年後に抜本的にプラン書きなおしなんてこともあり、半年後のことも分からないのに、なにが5年後10年後だよ~と感じた。

 現在は、ひょんなことから、かつて作成したロードマップとはまったくかけ離れた生活をしている。そして今は5年後10年後どころか明日すらまったく思い描けない。不安と言えば不安。でも、<5年後になりたい自分>、<10年後になりたい自分>、<定年後にこんな生活をする>、そんな未来に向かってアクションをとることを迫られることがなくなり、ほっとしている。未来へ向けてこぶしを振り上げるようなことの虚しさから解放された。
 これはばりばりの「現役」の方からみたら、「降りてしまった」消極的な生き方に見えるだろう。でももう正直、成長とか上昇とか何者かになる、ということにはウンザリなのだ。

 ナチスの収容所から生還したV.E.フランクルは「人生は毎日神様とキャッチボールをしているようなもの。その日、神様から与えられた課題をボールのように受け取って、返していくもの」と著書の中で書いていた。収容所で<未来の解放>を切望した人々は生き延びることができなかったことが背景にある。未来ではなく、「その日」を生きるのだとフランクルは言っていた。
 これは夢のない、まさにその日暮らしのような考え方だろうか?収容所という過酷な環境での特別なあり方だろうか?
 わたしは違うと思う。未来は神の手の内にある。その未来を自分のものだと固執するところに苦しみがある。
 未来を自分の手から解き放つとき、私たちは本当の「今日」を得る。
 そのとき、未来は本来の希望の輝きを取り戻す。それはおおいなる御手のうちにある輝きである。

明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労は、その日だけで十分である。 マタイによる福音書6:34

永遠

Yuugure


 ミーハーな話題で恐縮だけど、実は今年になって「にわかSMAPファン」になった。そもそも昨年末解散と騒がれていた頃、一応、職業柄?世間の話題にも触れておかないと、と、「SMAP×SMAP」の最終回を録画したのがきっかけ。
 でもあとから、早送りしながら見つつ、最初は録画したことを後悔した。そんなに歌も踊りもうまくないし、なんだかなあと思った。(歌の場面とかは特にスキップしながら見た)でも、途中で、ソフトバンクのコマーシャルが入ってて、これがSMAPが出演したこれまでのCMの名場面集になっていた。CMだから特に厳選した良いシーンなのだけど、それにしてもこのCMの中の5人は、いわゆる「きらきら」感がものすごかった。たとえば、リオのカーニバル風のお祭りのような場面で、大勢がにぎやかに歩いてくるその先頭に5人がいて、そのただ単に歩いてこちらにやってくる、その風情がもう存在感半端なかった。

 ということで、スキップして、見ていなかった、歌の場面も見直してみた。
 で、はっとする歌があった。
 「STAY」という歌。初めて聴いた曲。バラード風な静かな曲調。

-----
 この先どうしようもなく
 すれちがったり 言い争いがあったりもしても
 どうか道の途中で 手を放そうとしないでよ
 ずっとつないでてよ
 Let You Know
 大切なのは続けること
 楽しいだけでいれない時も
 I'll be....Wo'nt you Stay?
 We'll be 罪を捨て
 僕らずっと共にあるこう
 永遠なんて言わないからさ
 5,60年それだけでいい
----

 要は「ずっーとずっーと一緒にいようねー」という、ごくごく素直な超直球のラブソング。男性からしたらケッて感じかもしれないが、SMAP大好きな女性がこの曲を聞いたら胸キュンものだろう。実際、これは昨年のファン投票で他のもっと世間的に有名なヒット曲を押えて一位に輝いた楽曲らしい。
 私自身は、<永遠なんて言わないからさ 5,60年それだけでいい>というところにハッとした。この曲の最後も「いろんなことを乗り越え たったの50年いっしょに」と歌いあげて、終わる。
 <たったの50年>って、<たったの>がもちろん逆説的で、その長さは人間の感覚からしたらとっても長い。
 <永遠なんて言わないからさ>と言いながら、50年は十分に長い、長すぎる。
 現実には、「ずっとずっと一緒にいようねー」と約束した男女が、50年どころか数年で、「もう一秒たりともいっしょにいたくない!」ってことになることだってある。SMAPのファンは中年の域にたっした女性が多いだろうから、そんなことは十分に分かりながら、いやだからこそ、余計、「たったの50年いっしょにいよう」という言葉に永遠のバーチャル性を感じて胸がキュンとすると思う。平均的なSMAPファンの女性よりもさらに年配であろうわたしも少しキュンとした。そこには「たったの50年」の半分ほどで解散したグループへの哀惜も重なる。

 結局のところ、この曲は、ごくごく素直なラブソングを「永遠」とか「罪」といった言葉でおシャレに装わせてるのだと思う。それでも、わたしはやはりハッとした。涙ぐましくなった。
 人間は「永遠」に弱いんだな、と。胸が痛くなった。

神はすべてを時宜にかなうように造り、
また、永遠を思う心を人に与えられる。
             コヘレト3:11

« 2017年6月 | トップページ

これんのTwitter

無料ブログはココログ