« 休め! | トップページ

170324
 退院してきて、気づいたこと、胸の痛んだこと。
 実は、私の家のリビングの窓から真ん前に、入院していた病院が見える。それだけ近所の病院に入院していたということだけど。「ああ、真ん前だったなあ」と改めて気づいて、胸が痛んだ。それは入院前から何も変わらない景色だったけれど。
 私が入院していた三階の部屋の窓は手前の建物に少し遮られている。でもほとんど、真正面に、あの入院していた部屋はあったのだ。
 狭い十人部屋で、私ともう一人を除いたら、おそらく皆、70代、80代の方々。排泄が困難な方も多く、部屋にはなんともいえないにおいがこもっていた。近所では「姥捨て山」とも揶揄される病院だった。
 多くの人は入退院を繰り返していた。
 私が退院する時、「うらやましいわぁ、着いて行きたいくらいやわぁ」と、寂しそうに、ある婦人はおっしゃった。私は何とも答えられず、ただ頭を下げて、部屋を出てきた。

 正直、いつもリビングから見えるあの窓の向こうのことなど知らなかった。
 「うらやましいわぁ、着いて行きたいくらいやわぁ」と寂しそうだった婦人のことも。「看護婦さーん、おむつ替えてー!!」とナースコールで繰り返し叫んでいた人もことも。少し認知症なのかどうしてもベッドわきのテレビのつけ方が分からず「お相撲が見たいねん」といっていたお婆ちゃんのことも。婚約者をベトナムに置いて研修に来てるベトナム人のナース見習いの女の子のことも。
 いつもあの窓を見ていたのに、知らなかった。

 もちろんそんなことを言っていたら際限はないのだ。町中の多くの窓の向こうに人知れず病んでいる人がいる。ただ一人で苦しんでいる人がある。その無数の窓の向こう側のことを私は到底知ることはできない。

 ただ、あの方だけがご存じなのだ。
 だから、ただあの方にだけ、私は祈り求める。
 そして、私に開かれた窓に向かって仕えていく。
 私の前に今日も窓は開かれている。

病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ
彼は自らを償いの献げ物とした。 
彼は、子孫が末永く続くのを見る。
主の望まれることは
 彼の手によって成し遂げられる。イザヤ53:10

|

« 休め! | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/65059532

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 休め! | トップページ