2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 2014年10月 | トップページ | 2017年1月 »

翼の歌

夕暮の水よりあがる人体に翼なければあゆみはじめき
                 『廃駅』 小池光

 前回は今年刊行の歌集からの一首だったが、翼つながりで一首。二十年来、翼といえば私にはこの一首。

 プールから、あるいは海から、人が上がった様子だろうか。
「人体」というやけに即物的な、内面や個性を剥ぎ取った言葉に、むしろ人間の内包するもろもろのものが想起される。
 しかしながら、同時にこの「人体」はあくまでもやはり「人体」としてスケッチされている。もろい有機物の塊。水から上がったばかりの無防備な裸体。明るい日差しのなかに誇らしげに立つのではなく、夕暮れの衰えた光の中で生々しいというより、どこか生の希薄さを感じさせる裸体。
 それは弱い光の中にどこか透明感を持った裸体か、あるいは逆光の中に立つ裸体のようにも感じる。

 「翼なければ」・・・当たり前のことだ、人間には翼などない、でも「翼なければ」と、改めて言われると、奇妙な欠落感が生じる。まるで本来あるべきものがないような錯覚に陥る。
 しかし、人間は鳥でも天使でもない、アダムとイブの時代から人間は重力によって地面に縛られて生きている。
 ひととき水の中で浮力により、重力の縛りから放たれたような感覚を得ても、人間は水の中に生きるものでもない。水から上がり、地面を二足歩行していく。20141107_0938011_2
 感傷的に生の悲哀を歌い上げているのではなく、淡々と即物的に描かれているからこそ、一息に人間の存在の本質が立ち上がってくる一首。

 

孤悲の両翼

あさやけとゆふやけ孤悲の両翼をたたみてterraに添ひ寝をせむや
                      『きなげつの魚』渡辺松男

 あさやけとゆふやけがそれぞれに翼のイメージなのだろうか?それはこの地球の悲しみの翼であろうか?
 でもその翼をたたむのは、<私>のようにも読める。

 そもそも自分ひとりの悲しみなどちっぽけなものである。他人から見たら取るに足らず、ましてやterra(地球or大地)から見たら、ちっぽけもちっぽけ、砂の一粒のようなもの。
 でも私にとって私の悲しみは私を埋め尽くし、その体感容積は時として全宇宙に等しい。
 
 あさやけとゆふやけのうるわしい翼をもっているのはterraであるが、でもわたしもまた、かがやかしくも痛々しい悲しみの翼を負っている。その翼はだれに見えることはなくても、全宇宙に向かって一瞬広げられるのだ。
 (・・・だれに見えることはなくとも、ただおひとり見られる方がおられる、私はキリスト者であるからそう考がえるが・・・)

 そして、そのただ一瞬広げた翼を私たちはたたんで、ごろりと横になるのだ。
 そして、うつらうつら、大いなる大地に添い寝をする、悲しみの翼などなかったように。
 いたってのんきに、いまだ地上に残る淡い光を感じながら。

« 2014年10月 | トップページ | 2017年1月 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ