« 2010年1月 | トップページ | 2014年1月 »

2011年がはじまりました

 あけましておめでとうございます。

 ・・・って前回の更新が2010年の1月で・・・、ずいぶん御無沙汰・・にもほどがありますが(-_-;)、 この一年、諸般の事情でブログの更新が滞っておりました。
 おそらくこの事情は当面続くかと思います。

 この一年、ずいぶんとあれこれと心境の変化がありました。
 このブログはそもそも歌人(といっても無名歌人ですが(^^ゞ、しかも短歌と関係ないくだらんことをたくさん書いてましたが(~o~))としてのブログであり、ここ一年ほとんど歌作をしていない以上、なかなか更新は難しいところがありました。

 また、職場の方もよく検索して見てくださっているという職業上のあれこれもあり、なかなか最近、「書けないこと」が多いのであります。(別に怪しいことをしているわけではありません、念のため(~_~))

 所属する結社誌や同人誌に御迷惑や不義理おかけしっぱなしの状態で、なんともお恥ずかしく言い難いことでありますが、いま自分の中で、一番だいじなことは、キリスト者であるということです。
 ほんとにまあ不義理の限りであり、クリスチャンなんて声に出して言っていいのかと思うくらいなんですが・・。
(すみません、『鱧と水仙』の皆様方・・・)

 また一方で「なんでそこまで宗教にハマってしまったんだぁ~」と思われる方もあるかと思うんですが、もうそれは神様に聞いてくれとしか言いようがありません。

 今日、ひさしぶりに短歌関係の友人と電話で話をしました。そこで私自身の将来についてのある決心を少し話をしました。どう思われたかなあ。

 自分自身が短歌をやめてしまうということが、現時点であるのかどうかはわかりません。
 でもまちがいなく、1986年の一月に、私はやはり「短歌から呼ばれた」と思っているんです。
 クリスチャンでもなんでもないとき、それはごく素朴に冗談半分に「短歌の神様から呼ばれた」と思っていました。でもやはり今でも自分の中で短歌定型から「呼ばれた」という感覚はあるんです。
 だから友人とも「とにかく短歌は続けたい」と、そういう話をしました。

 とにかく、私がたいへん大きな影響を受け、昨年、急逝されたあるクリスチャンの女性についての挽歌を推敲し、『鱧と水仙』に送る、まずそれが今年のひと仕事。
 その作業の中で、少し答えが見つかるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2014年1月 »