« 柔軟とは? | トップページ | 横浜の月 »

雪のことかよ

 このまま春になってしまうかも・・・なんてのはやはり甘く。昨夕から寒さがぶり返してきた。
 今日の昼は、ごくまばらではあるが、雪が降っていた。
 空の色は春なのに。

 ソフト開発をしていた頃、来る日も来る日もソフトウェアのバグ対応をしていて思い至ったことは、意外に前向きで、物事には原因があるということ、そして春の来ない冬はないということ。
 今はどんなにしんどくても、いつかこのトンネルは抜けるし、原因を克服したらかならずや結果は変ってくると信じられた。けっして能天気な単純さで思っていたわけではなく、むしろ辛い日々の中でこそそう感じることができていたのだ。

 降っているのか降っていないのかよくわからない、まばらな雪をみながら、いまは冬なのか春なのかもわからない。あやふやな季節感の中、春を信じる気持ちもあやふやな今日この頃。

体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ雪のことかよ
   穂村弘

|

« 柔軟とは? | トップページ | 横浜の月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。さきほど横浜から帰ってきました。
出張、休日出勤、出張と続いていて、ちょっとバテ気味です。
山寺さんの生活はなんか不思議ですね。
方代は好きです。
人間の生活の儚さをとみに感じる今日この頃です。

投稿: 吉浦玲子 | 2009年3月10日 (火曜日) 22:32

2月17日からこうしん(?)がありませんが、お元気でしょうか。体調はわるくないですか。森岡さん、亡くなられたのですね。一回だけ一言、二言だけ、話したことがあったのみでしたが、プノンペン歌会の勉強会で森岡さんの短歌を発表したことがあります。私の方、日本への出稼ぎのためセムリアップを立ち、ハノイ経由でまた、中国にいます。外国にいる五ヶ月は、物価の安い国にいるので読書のみしていていい生活です。日本では七ヶ月ほとんどパチンコ店とウインズ(と図書館と公園と本屋と歌会が少し)への往復のみの生活です。(東京競馬場に連れて行って!という人、数人あり)カンボジアに永住するつもりだったのに、東京歌会(1回は夏季)に8回と関西忘年歌会にでられる生活になったのは不思議です。歌集は1冊も出していないのに最近、山頭火と放哉と山崎方代の生き方は意識のかたすみに思うようになりました。べつに、思ったからどうだ、とか、意識したからどうだ、とかは、全く私の自己満足ですが。

投稿: 山寺修象 | 2009年3月 6日 (金曜日) 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/44096464

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のことかよ:

« 柔軟とは? | トップページ | 横浜の月 »