2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 風化 | トップページ | 燃えたはずなのだが・・・ »

異界ツアー

 「神崎川は西に行かないとあきません。西へずーーーっと行くと異界のような不思議な空間があります。そこまで行かないとあきません」
と牧師先生。
 わたしが休みに入って、神崎川を自転車で走っていると聞き、そうおっしゃる。なんでも、神崎川の西の先、出来島の先あたりに
「猿の惑星のティムが辿り着いたような殺伐とした空間がある」
とのこと。「そこへ行け」と牧師先生。
 いくら牧師先生のお言葉でもそれはとんでもなくて、出来島なんてそんな先どころか、わたしがいつも降りる神崎川の位置標識の95番から、ほんの1,2キロ西に行っただけで、わたしはけっこう怖くて、それより先に進めない。異界のようなというより、背丈より高い草が生えてたり、道が狭くかったり、ひどく低く暗い陸橋の下を走ったり・・・となんだか女性が一人で走るには物理的に怖い感じがあるのだ。
 「西には行きません」
と私。
 しかし、礼拝後の、事務室での事務作業中にも、地図をもってきて、「このあたり」とわざわざ説明してくださる。だが教会のPCでグーグルのストリートビューを見てもいまひとつ場所がわからん・・・ということで
 「じゃあ、四時に神崎川95番標識に集合」ということに。
 で、突如、自転車で神崎川異界ツアーへ。

P1010050
P1010054

 で、行ってきた<異界>の写真。一枚目、なんだただの公園じゃん、と思われるかもしれませんが、たしかにその場に立つと変な感じだったんですよ、このあたり。団地とかあったんですが、なんかこう・・・生気がないというか・・・。で、振り向くと二枚目の写真のような光景もあり、地の果て感がありました。ただ、そういう景色を<異界>と感じるのは自分の中の意識によるというか、うまくいえないのだけど、殺伐としたような、虚無のような、どこか現実から剥落したような景色というのは自分のなかのなにかの反映なのだと思う。(牧師先生もそれを言いたかった??)

 個人的には、この<異界>にいく途中、わたしは自分が一年位前に短歌に詠んだ景色と出合ってびっくりした。その場所に行ったのは初めてだったのだけど、神崎川の(わたしがそれまで行った範囲での)西側を歌にしたとき、作りながら実際に見た景色とは違う別の景色がはっきりと脳裏に浮んだ。浮んだからどうってこともなく、それほどたいしたこともない歌を作ったのだけど、浮んだ景色というのは明確に記憶に残っていた。で、今日、その景色とまったく同じ景色に出合ってびっくりした。

 <異界>まで往復だいたい20キロくらいだった。わたしにとってはとってもすごい距離。トライアスロンやらディアスロンをなさる牧師先生からしたら軽~いお散歩みたいなものだったかもしれないけど、わたしにとっては、「<異界>を見れるのなら明日から夏休み全部寝込んでも悔いはない」くらいの覚悟のツアーであった。特に行きはしんどくて、通常、礼拝やら個人的に神崎川を走るときの距離も走っていないころから結構息があがってきつかった。
 しかも、<異界>に近づいたころ、右足の薬指がつってしまって、<イテテ>状態。だいたい、全行程、牧師先生は、自分がスピードを出さないように、かなりとろとろとしか走れない私が前に走るようにして走っておられたけど、そのときは先生の方が先をすいすいと走っておられた。
 うー、足イテ~。
 つったのは薬指だけだから自転車漕げないことはないが、痛い。痛いなあと思いつつ先生に遅れないように走っていたら、だんだんと修行のような気がしてきた。先生、キリスト教は信仰義認(修行や、功徳などの人間の努力や行いによって義とされるのではなく、信仰によってのみ義とされる)じゃなかったんすか~(T_T)、と思いつつ<異界>へ。

 でも帰りはぐっと楽で(さらに先生がスピードを下げてくださったのか?)息が上がることもなくゆったり帰ってくることができた。P1010055
 帰り途中の神崎川。このあたりは普段見る神崎川よりだいぶ川幅が広い。写真では、けっこう夕暮れっぽいが、実際はまだだいぶ明るかった。だから、写真を見て記憶と違うのが不思議な感じがする。写真のほうが実際の景色より異界のようでもあるし、なんだか祝福に満ちているようでもある。

« 風化 | トップページ | 燃えたはずなのだが・・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/42128402

この記事へのトラックバック一覧です: 異界ツアー:

« 風化 | トップページ | 燃えたはずなのだが・・・ »

これんのTwitter

無料ブログはココログ