« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

今年二度目のマレーシア

今年二度目のマレーシア
早朝礼拝終えて、関空へ。

昨日、ぱたぱたと美容院に行ってカット。そこの美容師さん、いつも遠慮がちに切られるので、美容院にいっても二、三週間で髪がもさもさしてくる気がしていた。で、昨日は、潔くすっぱり刈ってくれ〜と言ったら、ほんとに短くなってしまった気がする。
この頭でマレーシアかあ。
写真は教会近くの空地。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットの敵

 本日、帰阪。
 今回の出張は、ここ一年ほど比較的よく一緒に出張する方と同行。その方は、純粋な関西人で、福岡はほとんど御存じない。出張中、出張先の部署の方との会食もあったが、会食のない日は、同行の方を、屋台に引っ張っていった。あまりお酒を飲まない方だが、焼き鳥だのラーメンだのがある博多の屋台の雰囲気は気に入っていただけたようだ。特にラーメンは美味しかった。その方は汁も残さず完食、見事な食べっぷりに私のほうが圧倒されてしまった。(そもそも私は塩分制限があるので汁は残してしまう)

 もっともその方は、つねづね「吉浦さんと出張すると、吉浦さんがとても良く食べ良く飲むので、ついつられてこっちも食べ過ぎて、出張後もその食べるペースが残って、しばらく大食いになってしまって困る」と言っておられる。別に私が大食いを強要しているわけではないのだが(^^ゞ。その方によると私は実においしそうに食べて飲んでいるらしい。
 出張時、体調を崩したり、ストレスで精神的にしんどいことは多々あるのだけど、たしかに食が細るということは、ない。むしろ普段より、良く食べる。
 出張はダイエットの敵である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月二度目の博多

今月二度目の博多
写真の場所は、私が十八歳の頃からあんまり変わっていない。←何十年前だ!

旅好きの人、特に一人旅が好きな人は、孤独が好きというより孤独に強い人か、日常において豊かに人との交わりがある人だろう。
1月に蘇州に行ったとき、つくづく思ったけど、なぜ人は旅なんかして平気なのだろう?
ただただ自らの存在のとてつもないはかなさを見るだけなのに。
☆Reiko Yoshiura☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041:存在(吉浦玲子)

甘噛みのやうな愛にてたしかむる<存在の耐えられない軽さ>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040:粘(吉浦玲子)

音信なき一人(いちにん)を嘆く夜なれば粘度持ちたるごとく雨降る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039:王子 ( 吉浦玲子)

千年の眠りは心地よかりしを現実(うつつ)の王子は来て起こすかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038:有(吉浦玲子)

気難しき上司の机に置かれゐし『有限要素法』を今も解せず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

037:V(吉浦玲子)

日本語になき音”V”を発さむと唇(くち)たどたどと噛まむ難儀さ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

036:船(吉浦玲子)

思い出せず午後をりをりに気になりぬ『宇宙大作戦』の船長の名前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だらだらするならきっぱり休め

 完全休養日の今日は、ゆっくり寝て、朝遅く、病院に行く。昨日、産業医さんにおどされたけど(^^ゞ、ま、病院で検査したら、ひとまずだいじょうぶであった。昨日は疲れが溜まっていたせいで具合が悪かったようである。

 その後、ゆっくりぷらぷら歩いて本屋さんへ行く。<本屋さん>っていうとちょっと幼いもの言いかもしれないけど、なんだかのんびりした感じが良い。<書店>ではなく、<本屋さん>へ今日は行きたかったのである。
 といっても行ったのは、新大阪駅構内の大きな本屋で、場所柄的にも、通勤・出張途上のビジネスマン相手の「書店」。今日は家着のような格好をしてて、そんな格好で特に平日、<書店>をうろうろしているとなんとなく浮いている感じがしないでもなかったが、一応、こちらの気分は本屋さんなんで、周囲は気にせず、気楽に文芸コーナーから、健康関係、料理本、キリスト教・・・を見てまわった。給料前でお金がないにもかかわらず何冊か購入。
 購入した『短歌研究』6月号の平成の歌集歌書100冊という特集はけっこういい感じ。(いまごろ6月号を買うか~というのはさておき(^^ゞ)
 
 よく考えたら、ちょっと前まで、休みの日は、散歩を兼ねて、この新大阪の本屋まで歩いてくることがよくあった。その後、近くのスタバでコーヒー飲みながら、買った本をぱらぱらめくる・・・そんな休みがあったように思う。
 ここしばらく、まったくそんな時間がなかった。
 家でだらだらしている時間はあるのだけど、だらだらはしてても、ゆったりはしていなかった。
 いつもやることが頭の中にあって、あーやることがあるのに私はだらだらしてるー!!と嫌な気分になりながら、
だらだらしていた。

 だらだらするなら、きっぱり休め!ごろごろするなら散歩しろ!
 生活には、緩急が大事、と感じた休養日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は完全休養日

P1000702
 先週後半から、やけに疲れが溜まっていて、午後、会社の健康管理室に行ったら、産業医の先生にあれこれと叱られてしまった。
 とりあえず、明日は年休を取って完全休養日とすることに。
 もっとも来週以降、国内外の出張が続く。明日はとにかく寝倒そう。

 写真は、鉄人牧師先生からいただいた自転車のチューブ転用の筋トレグッズ。『鉄人パワー』の字は、奥様による。このグッズを毎朝見上げ、祈ったら、体脂肪が減るかも!?(☆0==(`0´)o なんか違う宗教やろ、それ~)。
 ま、ダイエットは地道に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、ここ

 先週の土曜、牧師先生の御自宅でもたれた家庭集会に参加した。家庭集会というのは、教会の中でよく聞くのだが、参加したのははじめて。だいたい家庭集会は定期的に信徒宅で行われるような印象があって、実際、今の教会でも、定期的な信徒宅での家庭集会はもたれている。牧師先生の御宅での家庭集会というのは珍しい感じがする。(今の教会でも、牧師先生宅での家庭集会は10数年ぶりらしい)

 今回の家庭集会では、10名くらいが参加して、教会創立50周年を迎えるにあたっての学びと祈りの時をもった。
 その祈りの時間、他の方が祈っておられるとき、祈りの言葉を聞きながら、私はなんとなく不思議な感覚にとらわれた。うまくいえないし、なんとなく個人的な感覚なので、あまり書きたくないようなところもあるが・・・、今、ここに自分がいることについて、漠然としたような明確なような何かが語られたような強い感覚を感じた。
 同じような感覚を以前に一度もったことがあった。それは、4月6日の礼拝のとき、私は応答の祈りをしたのだけど、祈りながらやはり同じような、今、ここに私がいることについての不思議な感覚を持った。
 漠然としたような明確なような・・・いややっぱり明確なんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEICスコア来る

 帰宅すると、郵便受けに封書。見ると先月末受験したTOEICのスコア通知。
「え、もう来たの?」
 と嫌な気分。全然出来が良くなかったので、試験が終わったとたんに、すっかり忘れていた。
 まあ三週間近くたっているので、実際は、スコアが来ても全然おかしくない時期。前回受験時は、結果まだかなあとひそかに心待ちに待っていたことを思うと「え、もう来たのかよ(-"-)?」という今日の態度は、ちょっとあんまりな(^^ゞというところもある。

 来たものは仕方ないので開封して、スコアを見て、びっくり。
「嘘~!」
と思わず声出してしまった。なんと自己最高スコアでした(@_@;)。NOVA崩壊後、半年のブランクを経ての受験であり、かつTOEICが新形式になってからはじめての受験だったので、まさか自己最高とは~!!
 いやー、たまげた。
 めっちゃウレシイ。といっても、ここでスコアを書けるような立派なスコアではない。
 あくまでも自己最高。
 NOVAに行く前より100点アップしたことになる。前回のスコアより50点アップ。
 NOVAへの投資金額から見てこれが妥当かどうかは分からないけど、100点アップというのは、けっして小さな変化ではないよなあ。
 半年のブランクがなければ、もっとスコアはよかっただろう・・・というのはとりあえず今晩は考えないことに(^^ゞ

 ところで、ゆうべ、ある方に、「もう英会話はやめます」とメールをしたその翌日のこの通知・・・、いったいどうかんがえたらよかろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三分の一

 どうにか題詠マラソン、昨年記録を更新。
 しかし、まだ三分の二も残っているというべきか。もう三分の一も来たというべきか。

 今週は前半でエネルギーを消耗してしまって、すっからかんの金曜日。
 六月後半~七月にかけて、多忙なのだけど、こんなことで乗り切れるんだろうか、不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

035:過去 ( 吉浦玲子)

おもほえず母の口癖つぶやけばかたはらに歩みきたりぬ過去は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

034:岡(吉浦玲子)

子ら去りし公園の岡に立つ時計一樹のやうに日暮れ息づく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

38F

 昨年、定年退職された昔の上司が来阪。京橋でお食事会。
 ぜんぜん変わっておられず、お元気そうだった。
 今も仕事で海外に行かれることが多いようで、もっぱら海外話。
P1000701
 写真は38Fからの暮れ方の大阪。

大阪の日暮れは海の匂ひすと汝が言ふからに深く息吸ふ
・・・というような歌を作ったことがあるなあ・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨

 世間は梅雨で心も梅雨。
 題詠blogマラソン、33首目。去年は33首でリタイアしているので、あと一首投稿したら、昨年記録は更新。
 しかして、完走までの道は遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

033:すいか(吉浦玲子)

飲み込みしすいかの種のゆくすゑを語れる吾子にすがしかりし夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032:ルージュ(吉浦玲子)

少女なりしわれの妬心のまむかひに叔母のルージュの鮮やけき色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つの

 昨日は、今日は雨という予報で、朝からスカートはいて、電車で礼拝~と思っていたら、ふと窓を見ると、青空が見えるではないか。
 で、急遽Gパンに着替えて、よっしゃ自転車だっ!と気合がはいったとこで、PCに向かい、教会にもって行くデータをSDカードにコピーしようとしたら急にそれまで使えていたマウスが動かなくなった。

 うちのパソコンは、最近、メモリ不足で極めて怪しい動きをするので、いったん立ち上げなおしたらどうにかなるさと思って、再起動するも、マウス動かず。エラーメッセージが出て、ああしろこうしろと言われるが、マウスが動かなければいかんともしがたし。
 キーボードにてctl+alt+delでシャットダウン。
 再度立ち上げも、やはりダメ。

 そして、むかーし、なにかを買ったときにオマケにもらったマウスが未使用でどっかにあったことを思い出し、そのマウスを探し出し、PCにつないでみると、無事動く。いやいや、めでたい。主の守りだ!
 ・・・なんてことをやっていたら、すっかり、時間をくってしまって、とても自転車でも電車でも礼拝に間に合わない時刻に。
 
 で、間に合わんというのに自転車じゃないならスカートがいいと、スカートに再び着替え(^^ゞ、タクシーで礼拝に行ったのだけど、タクシーの運転手さんはどうもこのあたりの道に不案内のようで、あきらかにまわり道を通っていかれて、以前、タクシーで教会行ったときより、かなり値段が高かった(-"-)。
 
 ・・・というような朝に始まり、なんだか今日は一日中こまごまとうまくいかないことが多かった。

 夕べ睡眠不足だったこともあり、うまくいかないことにイライラプンプンしながら、道を歩いていたら、自転車をゆっくり漕いでいるお母さんと、その後ろを二輪車で追いかける男の子とに、すれちがった。
 お母さんがうしろの男の子に何かのお話をしている感じだったのだけど、すれちがいざまに
「頭に角が見えたよ」
とお母さんの声。
 え、頭に角?なんだか私に言われたようで、どきっとした。
 たしかに、今日は私の頭には角が生えていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

031:忍(吉浦玲子)

「押忍」と言ふ声の少年さびたるを朝の路上に聞き留めをり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030:湯気(吉浦玲子)

にぎはしく具材載りたるチャンポンの湯気のむかうのふるさとならめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

029:杖(吉浦玲子)

<夜もすがら泣き悲しんでも>朝ごとに一日(ひとひ)の杖なる言葉は来たる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

028:供(吉浦玲子)

恋ひとつはじまりにけむ試供品の香水の香にさそはるるごと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027:消毒 ( 吉浦玲子)

たどきなき夜の記憶に哺乳瓶の消毒の湯の滾(たぎ)るを待ちき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚の生姜焼き

 今の職場は、さまざまな出荷前の製品の検証をやるところだけど(正確には、網羅的な検証ではなく、妥当性確認)、私が担当しているのは、パエリアが出来るわけでもなく、衣服がパリッときれいになるわけでもない、ソフトだのネットワークだのという面白くもおかしくもないもの。
 残業時間、わたしがPCと睨めっこしていたら、隣のチームの50代男性が、「豚の生姜焼きが出来たから食べて欲しい」と言いにこられた。男性は、調理機器の担当。といっても、普段は、そのチームの女性社員が、調理機器の検証の場合は、美味しい料理を作ってくれる。その男性はもっぱら分解したり、あれこれ機構的な確認をしたりするのだけど、あいにく、ここのところ、そのチームの女性社員は出張だの、他の仕事だので忙しく、料理もその男性が今回はじめて担当。
 女性社員が、「豚の生姜焼きできました~」と言ったら、呼ばれてない人までも、ラボに押しかけて、試食するのだけど、その男性が、皆に声をかけても、誰も反応せず。
 なんか可哀相だし、まあ残業時間でお腹すいてたし、私はとりあえずラボへ。
 で、その「豚の生姜焼き」・・・うん、けっこう、普通の味でした(^^ゞ。
 でも、豚肉がやけに大きい。
 「ちゃんと豚の生姜焼き用の肉使ったんだけど・・・」と男性。
 ・・・生姜焼き用の肉をそのまま放り込んだのね(^^ゞ。
 普通は、一口か二口サイズくらいに切るものだけど・・・
 まあそれは御愛嬌。
 「生れて初めて豚の生姜焼き作りました!」という努力に感涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い街

遠い街
今日から博多。
屋台・花山は学生時代住んでたとこの近くにある。
学生時代はいったことなかった。
思えば寂しい学生時代だった。
博多はいつも遠い街。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »