2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 桜餅といちご | トップページ | 002:次(吉浦玲子) »

ドアにはノブ

 ここ数年、情報セキュリティが厳しくなって、会社の門でICカードによる認証、建物の入り口でさらに認証、自分の居室に入るのにまたまた認証・・・という感じである。ICカードを忘れて、トイレに行ったりしたら、自分の居室に戻れなくなる・・・。

 さらに、職場には特定の人だけが入れる厳しくセキュリティが管理されている部屋というのもある。
 今日、午前中、その特定の人だけが入れる部屋でひとり仕事をしたあと、さて外に出ようと、扉をあけようとしたら・・・開かなかった。
 はて?一瞬、なにが起こったのかよくわからなかったが、開かないはずである。その扉のドアノブが私の手にあって、私の目の前にドアのノブがないドアがあるのである。
 つまり、ドアのノブが取れてしまった~、のである。
 ・・・困った。ノブがなければ、ドアは開かん。
 なんでノブは取れたのか。別に乱暴に力まかせに開けたわけじゃない。
 だいたい私は握力は女性としてもかなり弱いほうなのだ・・・。
 
 じっとドアとノブを見ると、物理的には、なんかノブをドアに差し込んで、くりくり回せばつながりそう・・。
 でもここはセキュリティドア、物理的に付いても、ほんとにそれでちゃんと機能するのか??
 うーむ、不安である。ここは上司に相談せねばっ!とノブを小脇に抱え、いいあんばいに、やや大きめの作業服を着ていたので、作業服の陰にドアノブは隠れ、もうひとつのドアから外に出て(こっちはノブは大丈夫だった)、上司を探しに出た。

 ところが上司、席にいない。電話しても出ない。上司がいきそうなところ数箇所、ノブを小脇に隠し持ったまま探し回ったが、いない・・・。
 うーむ・・・、私がノブをひた隠して走り回っている間に、だれかがあの部屋に入り、ドアにノブがないことに気づき、騒ぎになっていないだろうか???
 不安になって、もういちど、くだんの部屋に戻った。
 幸い、だれも部屋にはいなくて、ドアノブの件は、バレテいなかった。

 しかしながら、いつまでもノブを抱えて、ドアの前に突っ立っておくわけにもいかない・・・。
 仕方がないので、結局、同僚に相談することに・・・。
 同僚のところに行き、小脇から、ドアノブ出して
 「ね、これ、どうしたらいいと思う?」
 と聞いたら
 「ひ、ひぇー、吉浦さん、壊しちゃったんですかぁ?」
 <壊した>のではない<壊れた>のだ(-"-)、と内心思いつつ
 「別に変なことしてないんですけどねぇ・・・」
 と、もぞもぞ説明。
 結局、その横にいた、先輩が
 「そんなんつけたら、しまいや」
 といって、ドアのところにいって、くりくりとノブをまわして、つけてしまった。
 「でもこれ、セキュリティかかってるドアですよね?これで大丈夫なんですか?」
 と聞くと
 「大丈夫。セキュリティとは関係ない。
 こういうドアは、一年にいっぺんくらい、ノブがはずれるんだ」
 とのこと。
 え?そうなんですか?このドア、できてまだ一年半くらいなのに・・・そんな取れるものなんだろうか?
 わが家は築20年を越えた中古マンションだけど、10年来、ノブとれたことないですがー??????

 しかし、結局、ただつけただけで、特にセキュリティ上もほんとうに問題ないようであった。
 いやまったく、人騒がせなノブである。ドアにはノブがついてないと困る。

 春深し天に栄光地に平和ドアにはノブがあれかしとぞおもふ・・・・!?

« 桜餅といちご | トップページ | 002:次(吉浦玲子) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/40806727

この記事へのトラックバック一覧です: ドアにはノブ:

« 桜餅といちご | トップページ | 002:次(吉浦玲子) »

これんのTwitter

無料ブログはココログ