« 短歌の誕生&神の御手に抱かれる教会!? | トップページ | 参加します(吉浦玲子) »

かけら

 mixiとブログのほう、同じ記事を書いているのだけど、ここ一ヶ月ばかり、ブログを更新する気力がなかった。
 どうにか本日、ブログのほうも更新。
 ブログのほうの体勢が整ったので、題詠blogマラソンに参加しようと思う。去年は30首程度で途中リタイア。今年こそ完走しよう。

 肉親というのは容赦の無いところがあるのだけど、そういう次元を越えて、けっこうたまらないことがあった。
 こちらの事情を先方が勘違いしているという誤解から話がややこしくなっているのだけど、先方の先入観に、わたしへの侮蔑感とか不信感がひどくて、話にならない。完全な誤解に対して誤解を解こうとこちらが何を言っても、まったくうけつけられず、とんでもなくひどい言葉を浴びせられる。
 先方に不信感を植えつけてしまったのは長い年月の積み重ねであり、わたしのほうに非がなかったとは言えない。でもそこまで言うかなあ、という侮蔑の言葉に、怒りを越えて、呆然とした。

 単なる一時的な感情で言われているわけではない。
 肉親の言葉であれば、右から左に流すこともできない。
 言葉は言葉として受け止めて、ただ、わたしのほうの精神的なボーダーラインは明確に引かないといけない。

 どんなにひどい言葉でも、その言葉の裏に「かけら」でも愛情があればいい。でも「かけら」も、なかった。わたしは長いこと「かけら」を信じていたのだ。それが自分自身の精神的なネックだった。でも「かけら」はない。空洞だった。
 クリスチャンでなければその空洞を見ることには耐えられなかったと思う。

|

« 短歌の誕生&神の御手に抱かれる教会!? | トップページ | 参加します(吉浦玲子) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/40324620

この記事へのトラックバック一覧です: かけら:

« 短歌の誕生&神の御手に抱かれる教会!? | トップページ | 参加します(吉浦玲子) »