2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 50年ぶりの大雪! | トップページ | 回復 »

もう来ることのない返事

 今日(2/1)このことを書いていいのか、少し迷う。。。。

 先週、横浜のある部署のUさんに仕事の質問メールをした。その内容については、窓口はUさんだが、実際の検討や対応は同じ横浜のOさんが担当することになる。Uさんから、「31日までにOさんと検討して回答する」旨折り返し連絡があった。
 ところが31日の昨日、回答がなく、今日になってもなかった。その回答が今日必要であることは先方も認識しているはず。午後、わたしは怒ってUさんに電話した。「どうして今日になっても返事がないのか?」と。Uさんはおろおろして答えた。
 「あの・・・実は昨日の朝の9時からOさんと打ち合わせして、昨日中に返事するつもりだったんですが、Oさんが9時に来られなくて・・・
 その・・・、おとといの夜、Oさん、亡くなったんです。」
 
 Oさんは、おととい、夜、バイクでの会社からの帰り道、交通事故で亡くなったそうだ。
 あまりのことに言葉を失った。彼は46歳だったそうだ。

 Oさんとは、2年位前から数ヶ月に一回くらい会議で同席したり、直接打ち合わせをしたりする間柄だった。当初、会議で同席したりしたとき、わたしはかなりOさんからきつく当たられていた。各々が所属する部署間の関係のせいか、あるいは理由はわからないが、個人的にOさんは私に対していい印象を持っていなかったのか・・。それがあるときから、これまた理由はわからないが、対応がころっと変わった。
 ある打ち合わせのとき、かなり長時間にわたってOさんと私は質疑応答をした。Oさんは専門分野において社内でも有数のエキスパートで絶対に間違ったことは言わなかった。こちらが間違うと容赦なく突っ込んでくる。普段の会議での対応を思い、内心こちらはいつ突っ込まれるかとびくびくしていた。しかし、話をしていると、その途中から、あきらかに彼の表情が変わった。打ち合わせが終わったときにはすっかり打ち解けてくれた。
 そのときのことを書いたブログ。
http://koren.tea-nifty.com/nichinichi/2006/09/post_6e5b.html

 以後は、電話をかけても、いきなり軽口やら冗談を言ってくる感じで逆に面食らってしまったが、話をしていると楽しく、わたしのほうも打ち解けて、仕事だけの関係とはいえ、なかなか愉快だった。もちろん仕事もしやすくなった。

 彼の個人的なことは何も知らない。ただ仕事上、たまにやり取りをするだけだったけど、彼の死はほんとうに衝撃だった。電話での彼の冗談やら、会議での怒った顔、大柄で強面のようで笑うと目尻が下がって表情がやさしいことなど、ひとつひとつが印象的に思い起こされる。

 彼は携帯電話を作る部署の人だった。今、私が使っている携帯電話は彼に薦められて買ったものだ。そのときのブログ↓
http://koren.tea-nifty.com/nichinichi/2007/02/post_723c.html

 彼の死を聞いた後、そのことを彼も所属していた社内のあるワーキンググループに連絡するかどうかおろおろと考えていた。ああどうしようどうしよう、と。考えるばかりでどうもできない。だいたいそもそもそのワーキンググループの音頭取り、いろんなことの言いだしっぺ、仕切り役は彼だった。その仕切り役の彼がいなければ、何も出来ないではないか!彼がいなければなにも動かない。そう思ったとき、あらためて悔しく腹立たしかった。なぜ彼がいないのだ。
 悔しがる私の手の中に、彼から薦められたケータイはあった。
 ケータイはあっても、もう彼からの返事は決してくることはないのだ。

« 50年ぶりの大雪! | トップページ | 回復 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/40323983

この記事へのトラックバック一覧です: もう来ることのない返事:

« 50年ぶりの大雪! | トップページ | 回復 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ