« 歌会行きたかった | トップページ | 生だいこーん »

錆びし円蓋

P1000446
 昨日は礼拝のあと、詠草もって中央郵便局へダッシュ。ああ、今年も真人間になれず。

 夜は、JavaScriptをいじる。ホームページ上で羊君の画像をさーっと移動させて、同時に「ようこそ淀川教会へ」って文字をフェードインさせたかっただけなのだけど、細かい調整にてこずった。てこずった割に、たいした画面にはならず、とほほ。ま、羊君かわいいからいいか。

 筑摩の現代短歌全集の戦後のところを、しばらくしっかり読み込んでみようと思う。また、バルトの「ローマ書」を一年くらいかけて読もう。

冬日(とうじつ)のまぼろしに聞かむ鐘のあり錆びしニコライの円蓋(ドーム)の内ゆ
 葛原妙子『橙黄』

 写真は淀川教会。

|

« 歌会行きたかった | トップページ | 生だいこーん »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/17767350

この記事へのトラックバック一覧です: 錆びし円蓋:

« 歌会行きたかった | トップページ | 生だいこーん »