2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« イブは「夜」 | トップページ | 逃避傾向 »

シチューとチャウダーの違い

 クリスマス礼拝のあとの愛餐会(昼食会)に出たクラムチャウダーが素朴なおいしさで、日曜に食べたというのに、自宅で作ってみた。
 恥ずかしながらクラムチャウダーは作ったことがなくて、スーパーで「クラムチャウダーの素」という顆粒状のだしの素を買ってきてトライ・・のはずが今朝、夕食用に作ってて、材料スタンバイとなったところで、ない!「クラムチャウダーの素」。買ってきたはずの「クラムチャウダーの素」が忽然となく、困ってしまった私は、台所に転がっていた「クリームシチューのルー」で代用。とりあえず、<らしい>ものは出来たが、はて?これはクラムチャウダーなのだろうか?それともシーフードクリームシチューなのだろうか?
 そもそもチャウダーってなによ?シチューとどう違うの?
 と、いまさらの疑問がわく。・・・そんなことも知らないで作っていたのかぃって感じだが。

 インターネットを検索すると、そういう素朴な疑問を持った人は多いようで、あちこちにチャウダーとシチューの違いの説明があった。
 で、要はチャウダーはスープであって、シチューは煮物ということらしい。スープはさらさらしてて、シチューはどろどろしている。スープは具が小さくて、シチューは具が大きい。ただ、明確な境界線はない。チャウダーはそもそも少しとろみも合って、スープだけどややシチュー寄りのものらしい。
 さらに、ネットを見て知ったのだが、クラムチャウダーには、マンハッタン風というトマト味のものもあるらしい。そうなると、そのトマト味のクラムチャウダーとミネステローネはどう違うのかという疑問もわく。貝が入ったらチャウダーで、入ってなかったらミネステローネ?
 うーむ、なかなか奥が深いチャウダーである。

 今日はクリスマス。
 でも少し凹んだ。ま、よくありがちな、何の悪気もない一言に、なんとなくがっくりしてしまうようなことがあり・・・。いったんがっくりくると、がっくりの連鎖反応が起きて、なんかあれもこれもがっくりきてしまう・・・そんな一日だった。
 しかし、帰ってきて、クラムチャウダーをあっためたら、朝、味見したときより、味がなじんでて、思いのほか、美味しかった。外で食べるものに比べたら、ちょっと淡白すぎて物足りない感じもあったけど、はじめてにしては上出来。それでちょっと気分を持ち直す。

 「神様がくださるものは、もっともっと素晴らしいものです」
 一年半ほど前、わたしがかつて洗礼を授かった牧師先生が電話の向こうで言われた。その先生は当時すでに母教会から転勤されていた。私自身はそのころ、母教会から出て行こうと考え、あれこれと悩んでいた。いろいろと重苦しいことがあった。クリスチャンになっても、結局、何も変わらないし、希望がない。そう思っていた。
 「吉浦さんは、今、きっと、明日も今日と同じようにつまんない。先に希望なんてないって思ってるでしょ。」
 ピンポーンだった。牧師先生は電話の向こうで続けられた。
 「でもね、そんなことはないんですよ。ほんとに。絶対に嘘じゃないです、神様はほんとに、吉浦さんがいま考えてもいない素晴らしいものをくださいます。それを信じてください」
 ほんとかよー??って感じでそのときは電話を切った。
 でもやっぱりその言葉は本当だと今は思う。
 I got blessing everyday!
 ま、それでもときどき凹みます。
 そういうときは、あったかいチャウダーでもシチューでも食べて気を取り直すということで・・・。
 メリークリスマス、です。

« イブは「夜」 | トップページ | 逃避傾向 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/17477670

この記事へのトラックバック一覧です: シチューとチャウダーの違い:

« イブは「夜」 | トップページ | 逃避傾向 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ