« 気がつけば朝 | トップページ | 天気予報大はずれ »

座椅子という手があったか

 わが家には、通称「茂吉部屋」と呼ばれる吉浦書斎があるのだけど、いまはそこが物置と化してて(-"-)、むかしは客間っぽかった和室で私は寝起きをして、またパソコン作業などもしている。和室のこたつのうえにパソコンとプリンタを置いて、ごちゃごちゃやっているわけだけど、ここでごちゃごちゃやっていると、どうも腰が悪くなる。数時間座っていると、いてててって状態になる。腰痛は本質的な原因を治さないといけないのだけど、とりあえず直接的に痛みを発生させる要因は取り除きたい。
 で、正座したり、お行儀悪いけど胡坐状態になったり、いろいろと体型をとってみるけど、どうも和式に座り込んでやる作業というのは、座り方が悪いのだろうけど、椅子に座るより、わたしにとっては腰への負担が大きいようだ。
 「茂吉部屋」を早急に復活して、ちゃんとデスク+椅子で作業ができるようにしないといけないと思いつつ、なかなかそれも無理・・・、ということで思いついたのが、・・・座椅子。わが家にはちゃんとした座椅子はないのだけど、子供が小さいとき何かの景品で当たったミニ座椅子があったはず・・・と探したら、あったあった、ちっこい「クマさん座椅子」。もう背中のあたりの布が破けて、へろへろだけど、コタツの前に設置して座ってみると、これが楽。いいあんばいに背中を支えてくれて、椅子に座るよりいいかも~という感じ。おー楽チン楽チン・・・ってなわけでわが家の「茂吉部屋」復活は遠のきそうである。

|

« 気がつけば朝 | トップページ | 天気予報大はずれ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/17522808

この記事へのトラックバック一覧です: 座椅子という手があったか:

« 気がつけば朝 | トップページ | 天気予報大はずれ »