« 淀川の土手の上 | トップページ | せん方尽くれども希望を失わず »

更地

 昨日、原稿用紙を梅田で買ってきた。紀伊国屋のK-1。心を入れ替えて短歌人の作品を出すべくスタンバイしたのである。
 スタンバイモードからなかなか本格的な起動状態にならないのが難である。まだ、原稿用紙は升目で区画割された広大な更地状態である。。。。
 しかも明日の会議の資料がまだできていない。今日は午後9時半で気力萎えて会社を出てきた。明日、早めに出社して作らないと・・・
 
げにわれはうらおもてあるこころにてひとつの会を安らかに越ゆ
 竹山広
 自分だって裏表あるし小ズルイこともするわけで、人様のことをとやかくは言えないのだけど、どうも安らかになれない。なにか虚しいことに車輪が空転しているような日々。

|

« 淀川の土手の上 | トップページ | せん方尽くれども希望を失わず »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/16748260

この記事へのトラックバック一覧です: 更地:

« 淀川の土手の上 | トップページ | せん方尽くれども希望を失わず »