2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 更地 | トップページ | 多忙 »

せん方尽くれども希望を失わず

Even though we may be perplexed, we do not lose hope.
 せん方尽くれども希望を失わず。

 あれこれと思うところあって、今日の午後の会議のプレゼン資料の最後のページ-「ご静聴ありがとうございました」のページ-に小さくこの英文を載せる。もちろん会議に出ているだれもこれが新約聖書第二コリントの言葉であることは知らない。ただこの英文に目を留めてくれたのは、ムスリムのM君。「We will never lose hope. 」のほうが良いといわれたが(^^ゞ
 おおよそこの世に希望はない。しかしこの言葉に力を得る今日。ついでにいえば大正改訳聖書の文語がいい。(このあたりの文語については以前も書いたが)

« 更地 | トップページ | 多忙 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まざあぐうすさん

 文語いいですよね(^o^)

「われら四方より艱難を受くれども窮せず、せん方尽くれども希望を失わず」
 この聖句はわたしが洗礼を授かった母教会の週報の表紙に書かれていたもので(いまも表紙は変わっていないようです)、私が教会に通うようになって、初めて目にした聖句と言えます。
 ある意味、はじめて教会に来た人間にはわかりにくい聖句かもしれません。(言葉の上での意味としてはわかっても、この<希望>の由来を理解するのはなかなか難しいと思います)
 クリスチャンでなくてもわかりやすい、なじみやすい聖句はたくさんある中で、この聖句が敢えて書かれていた理由、経緯は知りません。でもこの聖句が毎週書かれていたこと、しかも文語で書かれていたことによって、ずっと心に残る聖句として自分の中に刻み込まれたことを母教会に感謝しています。

 今の私にぴったりの聖句です。
 私も文語訳のファン、いつか購入したいと思っているところです。

 せん方尽くれども・・・の文語訳が心にぐっと迫ってきます。willの英訳の方が未来への希望が感じられていいですね。

スマイルさん
 4日ぶりに帰宅しました。コメントへのレス遅れてすみません。
 日本人が文語に親しむことができなりつつあるのは寂しいです。
 今度文語体聖書を入手したいと思っています。

吉浦さん お久しぶりです。

文語訳聖書については、小生のブログでも何度も書きました。先月の朗読発表会では当初、文語体聖書を読もうかと思っていたほどで、礼拝で文語体聖書を持ち込んでいますが説教筆記をしてくださる方にお見せしますと、興味深く手に取られます。

現代語もいいけれど、格調高い文章には時代を超えてひかれますね。

希望のない世の中だからこそ、聖書の言葉に希望をみいだしたいものです。

吉浦さん お久しぶりです。

文語訳聖書については、小生のブログでも何度も書きました。先月の朗読発表会では当初、文語体聖書を読もうかと思っていたほどで、礼拝で文語体聖書を持ち込んでいますが説教筆記をしてくださる方にお見せしますと、興味深く手に取られます。

現代語もいいけれど、格調高い文章には時代を超えてひかれますね。

希望のない世の中だからこそ、聖書の言葉に希望をみいだしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/16748280

この記事へのトラックバック一覧です: せん方尽くれども希望を失わず:

« 更地 | トップページ | 多忙 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ