2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 最後の嘘、NOVAからの葉書 | トップページ | シェイプアップ »

目が覚めた。NOVA

 NOVAではない英会話スクールに通っていた同僚曰く
「僕が通っていたスクールのスタッフは、つねづね、<NOVAはなぜああいう経営で成り立っているのか不思議だ、どう考えてもうまくいくとは思えないのに・・・不思議なんですよねー>と言ってました」。
 もともとかなり脆弱な経営基盤のうえでの自転車操業だったというのが実態のよう。ほころびがあったところへのダメージで一気に破綻したんだろうな。わたしはもともとの実態にも無頓着だったし、しかも、それが破綻にいたるほどの危うさを内蔵していたとは、契約時点で、まっーたく考えなかった。
 生活圏や時間的制約から、NOVA以外選択肢がほとんどなかったというのもあるけど、そもそも、そんな危うさは露ほども感じていなかった。
 だいたい、昨今、かなり状況が緊迫してからも、妙な自信?があって、わたしがポイント使い切るくらいまでは持つだろう、と思っていたくらいだから、まったくもってわたしというのはアテにならない(*_*;。
 
 ただ、今はとにかく、NOVAの破綻でたいへんな状況にある人たちがどうにか活路を見出せますように、と祈る。(私自身の損害も私個人にはとても大きいけど、生活基盤そのものがかかっている人に比べたらはるかに微小)

 今月は、血管ぶちキレそう事件に始まり、とんでもない失敗やらかして肝を冷やしたり、あれこれと非常に激しいひと月だった。月末までもうこれ以上、びっくりするようなことはありませんように、とせつに祈る。
 でも、へんな話だけど、NOVAの破綻で、なんか私はけっこう目が覚めたところがある。

« 最後の嘘、NOVAからの葉書 | トップページ | シェイプアップ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風たいへんそうですね。
なんだかほんとに気候が今年は変ですね。

やっぱり企業も経営者も倫理観はだいじですね。亀田家にしても、そうなんですけど、むかしなら、それ以上はやってはだめ、とごく自然に社会や人々が感じていたモラルや礼節があって、そこを逸脱すると、受け入れられなかったのが、いまは受け入れられてしまう。でもやはりそれでは持ちこたえられなくて、最終的に破綻していくわけですが、あからさまに破綻するまでは、逆になんだか賞賛されたりなんかする風潮っておかしいですよね。
NOVAに関して言えば、とにかく困っている方が救済されますようにと祈ります。

これんさん


スマイルです。
今日は八丈島へ一泊旅行のつもりだったのですが、ご存じのように台風20号が接近して、島にいる知人の話では時速20キロの台風ということでかなり風が強く、旅行は断念しました。断念と言うより飛行機が飛ばないのですから、無理。

で、NOVAについて。
報道では社長はかなりワンマン経営だったとか。周りの意見に聞く耳をもたなかったらしい。成長しているあいだはよかったかもしれませんが、傾いてくると今までのやり方では通用しない。政治や経営のどんな場面でも起こりうることとはいえ、これで被害をこうむっている方々の思いを思うとやりきれません。受講生はお金が戻ってこないかもしれないし、講師も給料が未払いで生活にも窮している。今回の件で語学学校は生徒が少なくなるかもしれないなど報道されています。
先月海外旅行を終えたばかりであらためて旅の楽しさを感じたことから、外国語を学ぶことはけっしてむだではないと思うのに、こういう事件のためにイメージが下がるとやりきれません。

これんさんと祈りのテーマを分かちあいたいと思います。

スマイル

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/16888675

この記事へのトラックバック一覧です: 目が覚めた。NOVA:

« 最後の嘘、NOVAからの葉書 | トップページ | シェイプアップ »

これんのTwitter

無料ブログはココログ