2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 反町? | トップページ | 青満ちて »

霊性ということ

 雨の日曜。礼拝は電車で。肌寒くてGジャンを羽織ってちょうどいい。数日前までの猛暑はいずこ。

 礼拝、主任牧師は年に一度の休暇中で、小松鉄人レース出場。かわって奥さん(奥さんも資格をもった牧師)が説教。
 「T雄牧師(主任牧師)は、今朝7時40分スタートで、第一ラン8キロ、自転車64キロ、第二ラン24キロのデュアルスロンに出場しています。背中に十字架の描かれたTシャツを着て祈りながら走るとのことです」
 牧師が日曜にレースに出てるとは何事!?と思う人もあるだろうな。牧師にもいろんなタイプがある。学究肌で神学的な深みをめざす人もいれば、情熱的に教会を立て上げていくタイプもある。いまの主任牧師はちょっと型からはずれた伝道者タイプ。真の霊性に満たされているのであれば、どのタイプであってもやはり牧師先生は牧師先生。

 霊性という言葉を出したのは、富岡幸一郎『スピルチュアルの冒険』(講談社現代新書)を読んだから。この本、題名からすると昨今はやりのスピルチュアルモノと思うけど(実際この題はなんだか軽すぎて良くないと思う)内容は、空海、親鸞から内村鑑三、釈超空、鈴木大拙、埴谷雄高、ドフトエフスキー、カールバルトなどなどを例に挙げて、宗教や洋の東西を問わない、霊性=スピルチュアリティを問うもの。

 教会でも「霊性」とか「霊的」という言葉はよく聞く。でもどうも「霊」の字が入ったとたん、わたしは胡散臭く感じて、しっくりこないものがあった。また昨今の表層的なスピリチュアルブームで余計イヤな感じもあった。
 でも『スピルチュアルの冒険』を読んでようやく腑に落ちたところがある。東洋的な、「気」「気息」、旧約聖書で神が人間に吹き入れた「息」、それらすべてをひっくるめて、宇宙の中の生命の風というべきものが霊性であるということ。

 著者は文芸評論家であって、文学的な視点もしっかりしているように感じられ信頼できたのもよかった。
 詩性と霊性ということについても、とても考えさせられるところがあった。自分にとってとても大きな一冊だったかもしれない。

« 反町? | トップページ | 青満ちて »

「教会・キリスト教」カテゴリの記事

コメント

わたしはペンテコステの出来事については、不思議とさほど抵抗無く読めます。もちろんあれは聖霊、という聖なるスピリチュアルな存在の顕現の物語ですが。

奥深いところでの霊性、について、もっといろいろと知ることができたらよいなあと感じています。

これんさん


おっしゃるとおり、スピリチュアルという言葉にはわたしも一歩ひいてうさんくさいにおいを感じ取ってしまいます。「使徒言行録」のペンテコステの記事も「ホンマかいな」という印象がいまでもあります。しかし無意識無条件で信じるのではなく、そういう表現でしかキリストを信じることを証しできなかったのだなと、ある種の条件つきとして読んでいますが、どうでしょうか。

「宇宙の中の生命の風」ですか。
ここで思い出したのは、故カール・セーガン博士(コーネル大学惑星研究所所長)の「COSMOS」という本の最後の部分です。

「私たちは、宇宙の片すみで形をなし、意識を持つまでになった。私たちは、自分たちの起源について考えはじめた。星くずが、星について考えている。100億の10億倍の、そのまた10億倍もの原子の集合体が、原子の進化について考え、ついに意識を持つまでに至った長い旅のあとをたどっている。」

創造論、進化論ではなく、わたしたちはどこかで宇宙とつながっている。それらもひっくるめた意味で、表層的ではない、奥深いところでの霊性というのは存在するのではないでしょうか。
明日にでも書店へ行き、本を購入してみたいと思います。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/16620961

この記事へのトラックバック一覧です: 霊性ということ:

« 反町? | トップページ | 青満ちて »

これんのTwitter

無料ブログはココログ