2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 39度 | トップページ | ゆめ »

白埴

 朝、五時くらいに目が覚めると、開けた窓からの空気が心地よい。涼しい朝である。起きるともなく、本を読んだり至福のひととき。
 その一時間後には、ゴミ出し日のゴミの整理やら、弁当つくりやら、着ていこうと思っていたスカートにしみ発見!だの、汗だくのいつもの朝。窓の外の蝉がうるさい。
 わたしが住むマンションの前は公園になっていて、蝉と共にラジオ体操の音楽も聞こえてくる。
 そこから会社のラジオ体操の音楽の鳴っている最中の職場にすべりこむまでが一直線。

 まったく関係ないが、大相撲ファンではないのだけど、なんかすごく朝青龍には腹が立つ。安部首相と同じくらい腹立たしい。

白埴の瓶によそひて活けまくはみじかく折りし山百合の花  長塚節
 長塚節の白埴の歌は有名だけど、こういう白埴の歌もある。平凡?そんなに嫌いではない。

« 39度 | トップページ | ゆめ »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/16006199

この記事へのトラックバック一覧です: 白埴:

« 39度 | トップページ | ゆめ »

これんのTwitter

無料ブログはココログ