« 恋は水色 | トップページ | アウェイ »

25分の壁とコンサバな讃美歌

 新車(自転車)で礼拝へ。
 川沿いのサイクルロードを走った感じは快適。
 けっこうスイスイいけた気がしたけど、自宅から教会までの所要時間は25分。前の自転車と変わらず。
 25分と聞いて、牧師先生少し不満げ。
「この自転車だったら、ぜったいに20分でこれるはずです。」
 これるはずです・・・と言われても、わたしのトロトロとした漕ぎっぷりでは無理です~(T_T)。
 「わたし、ほんとうに漕ぐの遅いので、あんまり速くはできないと思うんです」と言っても、やはり「だいじょうぶ。この自転車なら20分でいけます。」
 ・・・そもそも礼拝に来るのになぜ20分で走ってこないといけないのでしょうか(^^ゞ

 サドルの高さ、空気圧、いろいろとチェックしてくださる。先生みずから試乗。「空気圧は、もう少し高いほうがいいけどなあ。この圧は自転車店のおやじさんの好みかなあ。サドルの高さは、あと5ミリくらい高いほうがいいです・・・。まあ、まずは自転車に慣れて、しばらくしてから調整しましょう。変速は平地で”4”くらいでちょうどいいでしょう」とのこと。
 
 帰りの川沿いの道は、かなりの向かい風。向かい風のとき、以前の自転車だと感覚的に「ぜんぜん前に進まない」状態だったのが、新車ではだいぶ楽。また行きのときは変速が使いこなせなかったけど、帰りは、川から上がる坂道を変速”1”で一気に漕ぎ上れて快感だった(^o^)/。
 で、帰りも25分。向かい風で25分は自分としてはなかなかなもんだと思うけどなあ。

***
 ドタキャンの可能性もあるとはいえ、一応、英国出張予定ということで、まさに付け焼刃の英語の勉強開始。(もともとNOVAのクラスには行っているのだけど、NOVAは基本的にはspeakingの場。本来はちゃんと別途勉強しておいて、NOVAのクラスはアウトプットの場と割り切る利用法がよいみたい。だから逆に単にNOVAに漠然と通うだけでは、力はつかない。わかっていながら、漠然と通っていただけの私・・)毎日、NHKラジオのCD、BBCのDailyServiceを聞くことにした。した・・・たって、ほんとにぎりぎりの、とってつけた付け焼刃。
 DailyServiceは出張と関係なく少し前に毎日聞こうと思って聞き始めて、挫折していた。讃美歌・牧師さんの説教・お祈りなどがある15分のミニ礼拝。イギリスだから、英国国教、聖公会?系になるのだろうか?やけに荘厳でコンサバな讃美歌が聴けます(^^ゞ英語なのに、やたら巻き舌で歌っているのがけっこう怖い。昨日はグラスコー空港での事件を受けて、平和について祈りの言葉があって、おもわず私もまじめに祈りの体勢になった。
↓ BBC Daily Service
http://www.bbc.co.uk/religion/programmes/dailyservice/index.shtml

|

« 恋は水色 | トップページ | アウェイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/15696822

この記事へのトラックバック一覧です: 25分の壁とコンサバな讃美歌:

« 恋は水色 | トップページ | アウェイ »