« 忽然と | トップページ | 聖書の花・讃美歌 »

そんな一日

 白米・発芽玄米・雑穀をミックスして炊いたご飯がいまひとつだったので、弁当にはチャーハンにして持っていった。が、昼、そのチャーハンを口にして、「む・・・・」。
 味付けるの忘れていました~。
 そういえば、朝、チャーハン炒めている横で、煮物しててそっちの味付けを平行してやっていたら、すっかりチャーハンも味付けた気になっておったのだった。で、いまひとつのご飯が、いまふたつのチャーハンになった・・・
 まあ、人生にはそういう日もある。

ボルボ自動車ボノボ最後の類人猿スノボ一枚板雪上滑走具
 『滴滴集』 小池光

|

« 忽然と | トップページ | 聖書の花・讃美歌 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

ラーメンの失敗といえば、小学生のころ、日曜日のお昼、インスタントの塩ラーメンを作ったときのこと。当時(というか今の家でもそうですが)我が家では狭い流しのコーナーにまな板をセットしててその上で、材料をきったり下ごしらえをしていました。そのまな板の上にその日はラーメンどんぶりを置いてて、出来上がったラーメンを鍋から、そのどんぶりに移そうとしました。ところが、どんぶりに移されてきたラーメンの重みで、下のまな板のバランスがくずれ、まな板&どんぶり&出来立てラーメンが、がらがらがっちゃーんと流しに落ちてしまいました。
 インスタントとはいえ、お腹すいた~ラーメンやっと出来た~、さあ食べるぞ~というときの惨事に、すっごくがっくり来た記憶があります。がっくりした記憶だけ残って、そのあと、あのお昼に何か別のものを食べたのかどうか記憶にありません。
 ただ、まな板ごと崩れ落ちていく塩ラーメンの映像がスローモーションで今でも頭の中で再生できます。

投稿: 吉浦玲子 | 2007年6月 9日 (土曜日) 10:56

料理はへたくそで自信がまったくないのですが、昔ラーメンをつくったつもりが、めんのゆで加減に失敗して担々麺どころかのびすぎたものになったことがあります。

主夫への道はフルマラソンを走るよりけわしく遠いような。

投稿: スマイル | 2007年6月 7日 (木曜日) 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/15348872

この記事へのトラックバック一覧です: そんな一日:

« 忽然と | トップページ | 聖書の花・讃美歌 »