2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

リンク

フォト

« そんな一日 | トップページ | ゆで卵のぬか漬け »

聖書の花・讃美歌

200706101249001
 六月にやろうと思っていたことができなくて、少しがっかりしている。まあ、今はそういう時期ではないんだろう。
 来週、再来週と出張が続く。慌しさの中に紛れ込みたくない思いがある。

 午前中、礼拝。
 わたしは礼拝の音楽は言葉よりももっぱらメロディラインのうるわしさに引かれるほうなので、どちらかというと聖歌より讃美歌のほうがメロディラインが豊かなので好きである。こんなわたしなので、あまり讃美歌の歌詞でぐっときた経験というのはないのだが、人によっては、讃美歌の言葉で救われたという人もいるようだ。
 しかし今日歌った『讃美歌21』の390番の3番(3節)の歌詞はなんかぐっときた。歌詞だけ読んでも、ふーんと思われるかも知れないけども。
 
 憎みあらそい われらを裂き
 人はあざけり ののしるとも
 神はわれらの 叫びをきき
 なみだにかえて 歌をたまわん

 もちろんこの歌、メロディラインもいいわけで、ちょっと翳りのある抑制のきいた曲が、じわーと沁みます。

 特にもめごととか大きな問題があったわけではないのだけど、どうも最近、妙な疎外感を感じることが多い。ごくごくありきたりのどうということのない局面で、ふとなにかぽっかり自分の意識だけが浮いているというか・・。とりたててそれで困るとか腹が立つとかそういうこともないのだけど。
 390番の歌詞のように「憎みあらそい」なんてことはまるっきりないけれど、きりきりとした疎外感を感じている心がふわっと捕らえられた気がする。

 写真は、旧約聖書に出てくる花だそうで、イスラエルから持ってこられて教会の庭に植えられているもの。牧師先生(奥さんの方)から名前を教えてもらったのだけど、忘れた・・(-"-)。この写真ではわからないけど、花びらの周りにふぉんふぉんと白い髭のようなものが放射状に出ていてなんだか可愛らしい花だった。(次週行ったら、もう少し花をアップで撮ってきます)

 礼拝後、帰ろうとしていたら、牧師先生(トライアスロンやっている御主人の方)が、今日は(自転車で)何分かかりました?と聞かれ「25分」と答えると、にっこり。自転車のタイヤをチェックし、後輪に空気を入れてくださる。
 「後輪は前輪より空気が入っていないと腰を痛めます。こうやって空気を入れているとうれしいんですよ。これで自転車に乗って腰を痛める人がいなくなるって思うと」とほんとに嬉しそう。
 空気が入った後、さようならーと帰ろうとしたら、「ペダルには、もっと足先の方を乗せるように」とのこと。そのほうが負担がかからないそうだ(^^ゞ。

 帰りは雨に降られた。滴るほどびしゃびしゃになったわけではないが、しっかり濡れた。風はなかったので、それでも25分で帰れた。もっとも家に帰って10分もしたら雨は止んで陽が射していた。・・・雨女なんだよなあ。

« そんな一日 | トップページ | ゆで卵のぬか漬け »

「教会・キリスト教」カテゴリの記事

コメント

スマイルさん
 疎外感といってもいろいろありますねぇ。
 ある意味、イエス様からくる疎外感かもしれないとも思います。

黄菜さん
 ミルトスでしたか~。ありがとうございます。
 >スマイルさん、牧師先生によると今が見ごろだそうですよ。
 

黄菜さん

横から割り込む失礼をどうかおゆるし下さい。

ミルトスですね。
イスラエル旅行を専門にしている旅行会社の名前でもありますね。

この花はいつごろが見ごろなのでしょうか。
とてもきれいですね。

旧約に出てくる「ミルトス」という花のようです。
写真楽しみにしていますね。

これんさん

今日の東京は暑い一日でした。梅雨入りがまだなのですよ。

さて賛美歌。
わたしはメロディーラインも歌詞も、こころにしみると、泣き出してしまいます(*^_^*)。ついついじーんと来るともうだめですね。

この賛美歌もいいなあと思いますよ。
疎外感は体験したことのない方にとっては理解しにくいものでしょうが、いま疎外感をお感じの方、あるいは過去に感じたご経験がおありの方には切ない苦しい思いをもって聞こえるかもしれません。
でもふわっと軽くなるときがあるのです。それが「イエスさまがともにいて支えてくださる」ということではないかなと、これんさんの記事を拝読して感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/15385845

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書の花・讃美歌:

« そんな一日 | トップページ | ゆで卵のぬか漬け »

これんのTwitter

無料ブログはココログ