« 551があるとき | トップページ | 勇気を出しなさい »

ヘロデ王の墓

 ヘロデ王の墓が見つかったとWEBニュースに載っていた。ヘロデ王はキリストが生まれたことを知りキリストを殺そうとして、キリストが生まれたベツレヘム一帯の2歳以下の子供を皆殺ししたり、サロメで有名な洗礼者ヨハネの首をはねたりした新約聖書中の有名人。旧約ではえげつない悪人、悪女がたくさん出てくるけど、新約はそれほど悪人、悪女が出てこない中、ヘロデ王は傑出?している。
 
 ラマで声が聞こえた。
 激しく嘆き悲しむ声だ。
 ラケルは子供たちのことで泣き、
 慰めてもらおうともしない、
 子供たちがもういないから。

  マタイ2.18

|

« 551があるとき | トップページ | 勇気を出しなさい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ポンテオピラト自身は、イエスを十字架につけたくなかったように聖書に書かれていて、なのに使徒信条にも名前が残ってしまって可哀相ではないか?と洗礼前に牧師先生に質問したことがあります。ヘロデとどっちが悪いか・・というと難しいですね(^^ゞ

投稿: 吉浦玲子 | 2007年5月13日 (日曜日) 17:41

これんさん

コメントのご返事を下さり、まことにありがとうございました。

礼拝で使途信条を口にするとき、「ボンテオ・ビラトのもとに苦しみを受け」とありますが、じゃ、イエスさまが幼少の頃、家族とともにエジプトへ逃れなければならなかった原因、ヘロデはどうなんだろう? と疑問を感じました。

ヘロデはサロメと並んで悪役ですが、悪役ほど人間くさい部分があるのかもしれませんね。たとえはおかしいのですが、善玉を演じる俳優さんより悪役を演じる俳優さんが実生活ではすてきだったりするように。

いずれにしても、これでイエス時代の出来事がまたひとつ、真実性があるということでしょう。昨年の「ユダの福音書」も驚きでしたが。

投稿: スマイル | 2007年5月10日 (木曜日) 00:28

スマイルさん、こんばんは
ヘロデ王の新約聖書における記事は残酷なものですが、一面、詩的な啓示にも富んでいますね。
ヘロデはポンテオピラト以上に人間臭い人物だったのでしょうね。

投稿: 吉浦玲子 | 2007年5月10日 (木曜日) 00:20

おはようございます。

おや、と思いながら拝読いたしました。なぜなら、同じ日に同じ話題で書いていらっしゃったからです。わたしも昨晩ヘロデ王の墓について書きました。

実在はともかく墓の場所がはっきりしていなかったのが疑問だったようですね。ともあれ聖書考古学からも重要な発見だと思います。

おっしゃるとおり、新約聖書中唯一無二の悪人として書かれていますね。ヘロデは。

投稿: スマイル | 2007年5月 9日 (水曜日) 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/15002515

この記事へのトラックバック一覧です: ヘロデ王の墓:

« 551があるとき | トップページ | 勇気を出しなさい »