« 020:メトロ(吉浦玲子) | トップページ | 021:競(吉浦玲子) »

ランチ&ダリ

 女性ばかり4人でランチ。大阪港近くのトレードセンターへ。
 あいにくの小雨模様だったが49Fからの眺めはなかなかよかった。
 食事がすみ、解散後は、ひとりで天保山のサントリーミュージアムの「ダリ展」へ。
 むっちゃくちゃ混んでて、ぜーんぜん前に進まない。なんじゃこりゃあ、ダリってこんな人気があったわけ??わたしはあんまりダリは好きじゃないけど、まあ近くに来たからということで軽い気持ちで寄ったのだけど・・・。こんな大混雑ならこなけりゃよかった、とちょっと後悔。去年かおととし行った、ルーブル展もすごかったけど、あれより人の流れが悪くてほんとに観るのがしんどかった。
 展示自体は、絵画、オブジェ、デザイン等々広範な活動の軌跡を一堂に展示してあって、たいへん充実したものだったように思う。内容が充実しているのと、大混雑で、見終えるのにものすごく時間がかかって会場でるころには、クタクタ。足がまさに棒状態。自転車でがんがん一時間飛ばすより疲れたぞ(-"-)。個人的には絵画よりむしろ広告とかのデザインのほうが好きだった。パンストの広告とか(^^ゞ

サルヴァドールダリ死せりけり燦然とあるひは平凡に妻におくれて
  小池光

Wtcレストランの窓から見た景色。49Fなのだけど、周りにあまり建物がないせいか、あまり高さを感じない。

|

« 020:メトロ(吉浦玲子) | トップページ | 021:競(吉浦玲子) »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

スマイルさん
ダリといえば溶けた時計ってくらい、かなりポピュラーな人気があるんでしょうね。あそこまで人が多いとは思いませんでしたけど(^^ゞ

写真は下の景色をみたら高さがわかりませんけど、全体に占める空の広さとか遠景をみたらやはり高いところから撮った感じでしょうか?<遠くにうっすらナイアガラ>ってなんかすごいですね。見て見たいです。昨日の場合はせいぜい遠くにうっすら梅田の空中庭園が見えたくらいでしたが・・。

投稿: 吉浦玲子 | 2007年5月 2日 (水曜日) 11:08

ダリは生涯も人物像もかなり個性が強いイメージがあって、どうもとっつきにくいのですが、それなりに日本でも人気があるのですね。

写真は、昔訪れたトロント(カナダ)のCNタワーからみた景色を思い出しました。曇り空で、遠くにうっすらナイアガラが見える。こわいといえばこわいけれど、遠くの滝を見て気持ちが安らぎました。

投稿: スマイル | 2007年5月 1日 (火曜日) 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14915661

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ&ダリ:

« 020:メトロ(吉浦玲子) | トップページ | 021:競(吉浦玲子) »