« 「それについてはいずれまた」 | トップページ | 六月 »

救急班

 今日は受洗記念日。感謝。

 日記はココログのブログを使ってて、mixiからもそのブログへ外部リンクをしていた。
 mixiの日記にしたらなにか変わるのか?ちょっとためしにmixi日記にしてみる。内容はココログといっしょのもの。二重登録をする手間がけっこうたいへんだと思う。(以前、ブログへ移行前、CGIの日記とブログを同時にやったけど早々にブログに一本化してしまった。なにがたいへんって、私の場合、はずかしながらアップしたあと誤字脱字とか、ちょっとした文の変なところが気になって、書き直したりすることがけっこうあって(^^ゞ、そのとき二重修正になるのが面倒だった。)

 ところで、私は職場の自衛消防隊の救急班に属しているらしい。いつのまにか誰かがそう決めたようだ。救急班っていうと、野戦病院みたいなところで、てきぱきと働いている看護婦さんとか町内会の婦人たちを思い浮かべるが(?)、実際のところ救急班ってなにをするのかまだ<指令>は受けていなくてわからなかった。・・しかし、ついに、来週「AEDの使用方法の講習」を受けるようにという指示が来た。それもビデオ視聴による座学と、実技の二回。本来業務とは何の関係もないけど、こういう指示がくるところが会社。でもAEDの使い方を知っていること自体は悪いことではないだろう。いざというときに人助けができるかもしれない。もっとも、その場になったら習ってても動転してなにもできないかもしれない。習っててもできないかもしれないけど、習ってなかったら、ほんとになにもできないだろうから、教えてもらえる機会はありがたいことだと思う。
 ということで、来週になったら、わたしのことを、皆さん、ナイチンゲールと呼んでください(?!)

 写真は先般行った松江の早朝の風景。宍道湖に流れ込む川と、宍道湖。
200705200701000




200705200648000

|

« 「それについてはいずれまた」 | トップページ | 六月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/15259483

この記事へのトラックバック一覧です: 救急班:

« 「それについてはいずれまた」 | トップページ | 六月 »