« 025:化(吉浦玲子) | トップページ | 疲れた~、かも »

JR西日本は乗客の安全をどう思っているのか?!

 今日は、灘まで『ロダン展』を見に行ったのだけど、そのことは別途書く。
 ここで書きたいのはその帰りのこと。灘駅から大阪駅までJRに乗ったのだけど、そのJR車内で乗客同士の喧嘩が勃発。列車が遅れた。私が降りた大阪駅のホームに6分遅れと表示されていたけど、途中はもっと遅れていたのではないか?
 私は一両目の後ろのほうにいて、灘から何駅目かは忘れたけど、前方から男の怒鳴り声が響き出した。「ケータイ、切らんかぃ!ATSが動かんくなるやろぅ」と執拗に繰り返す。やや年配の男性が若い人に絡んでいる感じ。しかも尋常ではなく、あきらかに暴力沙汰になっている感じ。けっこう混んだ車内で前方は見えなかったのだけど、車両内全体緊迫した雰囲気。殴り合っている感じ。一両目のそれも前のほうで起こっていることで、運転手は把握しているのではないかと思ったが、一向に車掌さんが飛んでくる雰囲気でもない。怒鳴り声ともみ合っている感じは伝わってきて、非常に怖かった。それがしばらく続き、車掌さんを呼びに行ったほうがいいのかなあと私はおろおろどきどきするばかりで、どうしようもなく、とりあえず隣の席で、怒鳴り声に頓着せず、ケータイでキャッキャ喋っている女子高生らしき女の子の肩を叩いて、「ケータイのことで前のほうでもめているみたいだから、ケータイ切ったほうがいいよ」とお伝えしたのみ(-"-)。
 次の駅に着いて、扉が開いたとき、・・・・まだ日本も捨てたもんではないというか、スーツ姿の50代とおぼしき男性の乗客二人が喧嘩している二人を引き離し、それぞれホームに引きずり出してくださった。す、すごい。電車内のトラブルに親切心で関わった人が命を落とすこともあるような昨今、この二人の壮年男性の振る舞いは素晴らしかった。
 素晴らしくないのは、JR西日本で、乗客二人がせっかく他の乗客の安全確保のために力を出してくださったにも関わらず、ホームに、すぐ駅職員なり鉄道警察なりが駆けつけるかと思ったら、ぜんぜん来ない。運転手か車掌さんか知らないけど、制服姿の一名と、喧嘩している二人だけがホームにいて、不穏な雰囲気。しかも状況を知らされていないホームで待っていた数名の客もおろおろしている感じ。で、あいかわらず年配の男性は怒鳴っているし、若者もなにか言っている。案の定、またホームで殴りあいになってしまった。しかも電車は扉を開いて止まったまま。車内には「ただいま一両目のお客様同士でトラブルが発生し、発車が遅れてます」というアナウンスのみ。
 隣の女子高生はホームで殴りあっている様子をみて「キャ、首と口が赤い~」とか騒いでいたけど、私は怖くてほとんどホームのほうを見れなかった。そのうち、別の乗客らしい一人がホームに出て、「電車止めて、なにしとんじゃあ!!」と怒鳴りだし(これがまた、ごっついヤバそうな柄の悪い人で(T_T))もうほんとにどうなることかと怖かった。
 ようやく数名の制服を着た人が駆けつけて、やれやれと思ったけど、しばらく実況検分?みたいな感じで、やっぱり電車は動かない。車内にふたたびアナウンス。「お客様同士のトラブルが発生し、只今、確認中で発車が遅れております」。
 数分後、ようやく電車は発車したけど、どうにも納得がいかない。結果的にはアルコールが入っていたらしいおっさんと短気な若者の揉め事にはすぎなかったようだし、遅れの時間もたいしたことではなかったが、JR西日本の対応には私はすごく不安を感じた。二年前、まさにあの100名以上が亡くなる大事故を起こした路線での出来事だし。
 車内でトラブルが起きたとき、なぜ車掌がすぐ駆けつけなかったのか?ホームに当事者が出されたとき、なぜすぐに職員もしくは鉄道警察が駆けつけなかったのか?(運転手がトラブルに気がつき次の停車駅に事前に連絡するとかできなかったのか?)
 酔っ払いと若者の喧嘩にすぎないといっても、もしどちらかが刃物でも持っていたとしたらどうするつもりだったのか?そもそも刃物がなかったとしても、他の乗客にトラブルが及ばなかった保障はなかったはずだ。勇気ある乗客がふたりをホームに引っ張り出してくださったからよかったものの、そうでなかったらどうなっていたのか?
 結局、JR車内で、事件が起こっても、JRの対応は極めて悪く、乗客は自分で自分の身を守るしかないのである。どの鉄道会社の列車内でも起こりうるトラブルであって、JRだけが対応が悪いわけではないのかもしれない。だが、二年前のあの事故と重ね合わせるとき、少なくともJR西日本には乗客を守る意識とかリスクを回避する意欲はきわめて乏しいと感じた今日の出来事であった。

|

« 025:化(吉浦玲子) | トップページ | 疲れた~、かも »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は関東の私鉄の職員です。
あなたの気持ちはよく分かります。しかし運転手は走行中、電車を動かす事に全神経を集中しなければなりません。電車は車を動かすのとは訳が違います。たとえ喧嘩であっても運転手は対応したくても出来ないのです。もし喧嘩の応対をしている最中に脱線でもしたら、それこそ大事になってしまいます。電車の運転手だって人間なんです。
停車中も運転手は指令との交信などやらなければならない事が沢山あります。一般利用者であるあなたにそれを理解しろとは言いませんが、頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いです。
ただ駅員の対応には私も納得いかないところがあると思います。

投稿: 瀬野 | 2009年8月20日 (木曜日) 02:17

スマイルさん

たしかに電車内のトラブルは多いですね。スマイルさんもいんねんつけられそうになったり、たいへんでしたね。
そういえば、わたしは昔、小さかった息子と一緒に電車に乗ってて、経緯は忘れましたが、若い男性にほっぺたハタかれたことあります(-"-)。たぶんなんかその男性にちょっと注意をしたらかえって叩き返されたと思います。横の息子のほうがびっくりして怯えて、あれは息子に悪かったなあ。
大勢人が集まるところですから、トラブルはある程度、避けられませんが、鉄道会社の方には、できるかぎりの対応はしてもらいたいと思います。

投稿: 吉浦玲子 | 2007年5月 3日 (木曜日) 12:59

東京でも地下鉄車内で乗客同士のけんかやトラブルに巻き込まれることがたまにあります。ココだけの話、小生もそばにいた中年男性のけんかを目撃しましたし、女性に絡んでいた、若い男性からいんねんをつけられそうになったこともあります。

身を守るのは駅員ではなく自分自身でしかありませんが、それにしても、アナウンスしかせず、ホームに駅員も鉄道警察官も来ないというのはどうしたことでしょう。
東京メトロでもなにかあればすっ飛んでくるのがあたりまえです。

投稿: スマイル | 2007年5月 3日 (木曜日) 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14931443

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本は乗客の安全をどう思っているのか?!:

« 025:化(吉浦玲子) | トップページ | 疲れた~、かも »