« 009:週末 (吉浦玲子) | トップページ | やりなおし »

またサタンについて

 最近、基本的に体調は良いのだけど、今週は少し疲れ気味。まだ火曜日だというのに。

 先日、ある人から「吉浦さんがブログに<サタン>について書いていたけど、私は<サタン>って怖くないから・・・」と言われた。その方はクリスチャンではなく、よくよく聞くとその人の<サタン>のイメージは映画などに出てくる悪霊といったもののようだった。「ああいうのはクリスチャンには怖いかもしれないけど、そういうものを信じていない私には怖くない」というような主旨だった。
 で、私が答えたのは、<サタン>って映画に出てくるような(『エクソシスト』とか)悪霊みたいなものだけではないこと。むしろごく普通の善良な人間の姿で、やさしくおだやかに人間を陥れようとするのが<サタン>なんだ、ということを言った。(もちろん、人間の姿ではなく、自分の内側から囁きかける<サタン>もいる)
 もっとも以前読んだ本に、ローマカトリック公認のエクソシストはいて、そういうエクソシストが実際に活躍するところというのはあるらしい。だからまあ、悪霊みたいな感じのものもあるのはあるのかもしれない。

 その後、また先日、ある牧師先生から、「自縛霊とかそういうのはいる」というような話を伺った。「え?そういうのは本当にいるんですか?」って聞いたら「いる」とのこと。そういえば、以前、別の牧師先生がその先生が牧会している教会には幽霊がいるらしくて、先生が一人で教会で仕事をしていると、「ああ、いるな」とよく感じたそうだ。もっとも「教会にいる霊ですから、悪い霊であるはずがありません」とのこと(^^ゞ

 で、つらつら思うに、あんまりこういうことを安易に書いていいかわからないけど、私自身、クリスチャンになってから、なんとなくその方面・・・幽霊とか・・・(-"-)・・・のセンサーが敏感になったような気がする。明確にそういうものを見たりはっきり感じるわけではないが、どうもね、ふっとちらっと感じることがあるように思う。以前はまったくなかったのに。(クリスチャンになったことと関係あるかはわからないが・・・)
 なんとなく、ある場所がやばそうな感じとか、たまらなくいやーな感じっていうのを感じるような・・・
 自らの内なるサタンの囁きには鈍感なのに・・・(T_T)

|

« 009:週末 (吉浦玲子) | トップページ | やりなおし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14429575

この記事へのトラックバック一覧です: またサタンについて:

« 009:週末 (吉浦玲子) | トップページ | やりなおし »