« 虹 | トップページ | 短歌人関西歌会 »

二年

 そろそろ二年、もう二年。
 何回か書いたかも入れないけど、この二年というもの、ほんっとにたいへんだった。公私ともども。
 おおっぴらには言えないことであるが・・。
 <公>に関しては友人から、「吉浦さん、クリスチャンになってから、むしろ苦労が増えたんじゃないの?」と言われたりもした(^^ゞまあたしかに試練の二年間だった。
 二年前、いろんなものを奪われたような気がした。その後も、あれこれほんとにたいへんなことが続いた。
 でも少しずつ最近いろんなことが戻されてきているような気がする。取り上げられたものが、ふたたびわたしのなかに返ってきているような・・・。
 まだこれから先どうなるかはわからないけど、いま、変化の時期であることはたしか。
 この二年間は必要な期間だったのだろうと思う。でも、これからどうなっていくのか・・・神様のなさることはわからない。

疲れた者、重荷を負うものは、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
       マタイ11.28
Come to me,all you who are weary and burdened,and I will give you rest.
Mathew11.28

**
かといつてこのおそろしいアナロジイ(類似)には万軍の主なる神のはからいがある
   『2006年水無月のころ』岡井隆
 <老いはある年齢以上に生きた人のあつめられたる一収容所である><といふ連想は連想されたからといつて直ちに正しいとはいへない>といった歌に続く。アナロジイは、老いと収容所にかかると思われる。
 万軍の主という言葉はクリスチャンである岡井氏ゆえ、と感じる。岡井氏の信仰ってどんな感じなのかよくわからないけど・・・。

|

« 虹 | トップページ | 短歌人関西歌会 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14117594

この記事へのトラックバック一覧です: 二年:

« 虹 | トップページ | 短歌人関西歌会 »