« 二年 | トップページ | へたりこまざる »

短歌人関西歌会

 サタンってのがいる、というと、「なんじゃらほい?」と大方の人は思われるでしょう。わたしも洗礼を受ける直前、牧師先生と話をしてて、ふと先生が「それは、サタンの仕業ですよ!」って言われるのを聞いて、
へ?サタン???(-"-)(-"-)(-"-)
って気分的に大いに引いてしまった記憶があります。サタンっていうとわたしなどは、どうもマンガチックな尻尾の生えた容姿を思い、ヤリみたいなものをもったバイキンマンみたいなイメージがあって・・・。大の大人がなにゆーとんねん、という感じで。。。「げー、この牧師先生、マジでサタンとか言ってる~」と大いに脱力し、心の中で「やっぱり洗礼受けるのやめようかな」と思ったりしたのでした。ま、それこそサタンの力であったのですが(^^ゞ
 まあ、結局のところ、サタンってのは人間を罪に引っ張っていく力の総称なんでしょうね。
 どんなに信仰深く敬虔であっても、罪の方向へ人を引っ張る力は強大で、その引っ張る力-ありとあらゆる誘惑-がこの世に満ち満ちているらしい。その誘惑は実に巧みで、一見、悪だの罪だのとは思えないまっとうな言葉やら、柔和な態度でもってやってくる。聖書の言葉すら巧みにつかって、さも敬虔そうな姿でやってきて、人を神のもとの平安から引き離そうとする。バイキンマンみたいな格好なら私にもわかりやすいのだけど・・。
 気分が落ち込む、というのも、ある種の、サタンの仕業とも思えなくはない、と最近、私は発見した。
 気分が落ち込む→なんだか自己嫌悪になる→ああわたしってだめだわ、神様の前に顔向けできない→祈る気にもならない→なんか神様から見捨てられたような気がする→ああ私ってほんとにだめだわー、きっとなにをどうしたってわたしなんて生きていても無駄・・・と、だんだんとほんとに、神様から離れていく私・・・これこそ、サタンの仕業ですな。。。。(と書きつつ非クリスチャンの方が、どーっと引いていく気配を感じてしまいますが(^^ゞ)
 だいたいサタンがいると体調も悪くなる感じだしね。(さらに非クリスチャンの方が、どーっと引いていく気配(^^ゞ)
 そういうときは、声に出して言いましょう。
 「退け、サタン!!」
 どうもね、最近、二、三匹、肩あたりに飛んでおるような気がするのです、サタンが(^^ゞ

**
 礼拝のあと、短歌人の関西歌会。短歌人の歌会はおととしの10月以来。
 ひさびさの出席で、自分としては短歌リハビリのつもりでの参加。知らないお顔もちらほら。そんななか、もう少し控えめな態度を取るつもりが、けっこう好き放題言って帰ってきてしまった・・・(-"-)。所用があり、研究会前に失礼した。

 裏山に兎が出ると聞きしより笹の葉わたる風のやさしさ
  『壺中の空』内藤明

 

|

« 二年 | トップページ | へたりこまざる »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

かすみ様

 こんばんは~。コメントありがとうございます。
 かすみさんの歌、あじわいのある一首でしたね。

 ばたばたと遅刻してきて、しかも早く帰ってしまってすみませんでした。でも「風のごとく」でよかったです。「嵐のごとく」とか「雷のごとく」ではなくて(^^ゞ。

投稿: 吉浦玲子 | 2007年3月 5日 (月曜日) 21:43

きのうはひさしぶりに歌会で、吉浦さんのお姿を拝見して、鋭いご意見を聞き、おおいに刺激になりました。風のごとく帰ってゆかれて、また驚きました。吉浦さんの一票は、重くありがたかったです。またよろしくお願いします。

投稿: かすみ | 2007年3月 5日 (月曜日) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14131534

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌人関西歌会:

« 二年 | トップページ | へたりこまざる »