« ・・・ | トップページ | 明日はMRI »

数十羽なる

 本日年休。平日に会社を休んでで体調の悪くない日はめずらしい。
 昼ごろ、用事で新大阪に行ったら、もともと強風だったのだが、さらにビル風でたいへんな暴風で、怖いくらいだった。

 ぬか床はどうも状態が悪く、やはり断念、廃棄。もともと、泉州水茄子のぬか漬けを買ったとき、茄子のまわりについていた糠を捨てるのがもったいなくて、その糠からはじめたぬか床で、最初の頃は、「ぬか床の素」なども足したりしてて、本当の意味で<手作りオリジナル>ではなかった。「よし、今回は、一から床を作ろう!」と思い立って張り切っていたのだが、今日、ある方から、ぬか床をわけていただき、それがけっこう量があったので、「あ、一からぬか床作らなくても、もうこのぬか床に足し糠して増やしていけばいいわ~」と安易な方針にさっさと変更(^^ゞ。ほんとうはオリジナルぬか床の発酵を促進するための貰い糠のつもりだったのだが・・・。そもそも小さな床だったので、いただいた分からはじめてもぜんぜん充分だったのだ。

 岡井隆の『2006年水無月のころ』を読み始めている。まだ最初の部分を読んでいるのだが、岡井氏の「技術~」という感じの(←どんな感じだ(-"-))歌と少し違うように思う。心情的にわかるというか共感できるような歌が多いようだ。これは根っからの岡井シンパから見たらどうなのだろうか?
あけぼののすこし過ぎつつ照らされて机といふは統治力ある
ドラマみて泣いてゐる妻泣く力もはやなくなりし吾がかたはらに
喜びに添ふくるしみは一羽来て三羽来てやがて数十羽なる

  『2006年水無月のころ』岡井隆

|

« ・・・ | トップページ | 明日はMRI »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/13910467

この記事へのトラックバック一覧です: 数十羽なる:

« ・・・ | トップページ | 明日はMRI »