« 断片の空 | トップページ | 二年 »

 朝、会社の最寄駅に近づく電車の窓から虹が見えた。駅を出ると会社に向かう方向に、まだ虹が見えていた。
 虹を見るのはひさしぶり(ひょっとしたら数年ぶりかも・・・出ていても気づかないことが多いと思うので)で、なんだか感慨深かったのだけど、そのとき、ふと頭をよぎったのが「虹の向こーうは晴れなのかーしら あなたの街のあ、の、あたりー♪」って歌。げー、なんでよりによって天地真理が・・・。昔のアイドルの頃から嫌いだったけど、最近の、恐ろしく品のないおばさん様態になってからの彼女のイメージを思うと・・・せっかくの虹がぁ・・・(T_T)

 虹の脚ほのかにのこる午後三時泥沼のごとき人間(じんかん)にゐる
 驟雨去りし屋上レストランにのぼり来て虹を啄むひとの淋しさ

       『廃駅』小池光

|

« 断片の空 | トップページ | 二年 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/14080984

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 断片の空 | トップページ | 二年 »