« 明日はMRI | トップページ | 壁を探ってゐた »

MRI

 MRIはやっぱり怖かった。
 前回は、検査中ずっと年配の方が脇についていてくださったのだが、今回は、ひとり。二回目とはいえ、頭を固定され、キャッチャーが顔にするミット?のようなものをつけられただけで、ぶわーっと不安になって、機械の中に入るまで、「ちょっと待って、ちょっと待って」と何回も躊躇してしまった。
 何回かじたばたした後、頭の中で「おののくな。どこに行ってもあなたの主、神はあなたとともにいる」とかぶつぶついいながら(なんと情けないクリスチャンであろうか・・・(T_T))、やっと観念して検査をしたら、前回より検査時間は短くて13分ほどで終わってしまった。
 自分の検査をすませて、検査着から服を着替えていたら、次に検査の順番の人らしい若い女性の声。検査技師「はい、目とつむって」、女性「(はきはきと)はい」検査技師「じゃあ、いきますよー」と二言三言で、ほんの数秒で機械の中に入っていった様子。げー、なんで怖くないんだ~。不思議だーー!!・・・・ってそういう人のほうが普通なんでしょうね(-"-)。

 MRIのあと、国立大阪美術館へ。特別展覧会「夢の美術館」とピカソの絵と陶芸の特集、collection4(戦後の日本美術)を見てきた。「夢の美術館」はセザンヌからはじまって、欧州・アメリカの現代美術70点を集めたものだけど、たいへん見ごたえがあった。collections4も、わたしは名前を知らなかった近現代の日本の作家の良質な作品を見ることが出来た・・・、と偉そうに書くけど、もちろん私は美術のことはわかっていない(^^ゞでも、国立大阪美術館は、(前も書いたかもしれないけど)、良い美術館だと思う。作品の充実度、良い意味での機能的な館内の洗練度といい、都会の中の新設美術館の良い面を感じた。

|

« 明日はMRI | トップページ | 壁を探ってゐた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/13943260

この記事へのトラックバック一覧です: MRI:

« 明日はMRI | トップページ | 壁を探ってゐた »