« 口内炎 | トップページ | クリスマスかあ・・ »

なかなか遠くもあるかな

 休日だったけど、なかなか慌しかった一日。そのなかで、またカイロプラクティスに行ってきた。
 前回より慣れたせいか、少し体の方が改善していたせいか、「痛~!」ってところは少なかった。施術してくださる先生がフレンドリーなのはいいのだけど、終わった後、けっこう長々いろいろと話をされるのがちょっと・・・(^^ゞ

 木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな
                          前田夕暮
 昔昔、初心の頃、読んだ記憶がある歌で、たまたま最近眼にして、ああこれは夕暮の歌だったか・・と懐かしい感じがした。「四月なかなか遠くもあるかな」のフレーズは素朴で、すっと入ってくる。私は妻を娶る予定はないが(^^ゞ、「四月なかなか遠くもあるかな」と思わず口ずさみたくなる。こういう心待ちの、なにか胸の中に純な思いをもっている感じというのは、なつかしいような大切にしたいような羨ましいような気がする。ああ、四月なかなか遠くもあるかな、春に何の予定もないわたしでも、なにか四月を心待ちにしたくなる。

|

« 口内炎 | トップページ | クリスマスかあ・・ »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/13089609

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか遠くもあるかな:

« 口内炎 | トップページ | クリスマスかあ・・ »