« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

 「先週末は空にうろこ雲がいっぱいで・・・」というのを間違えて「先週末は空にきのこ雲が・・・」と言ってしまった。
 なんてことを・・・(T_T)。あまりにもタイムリー。しかも長崎県人の私が・・・。

  「全面制裁は宣戦布告」なんてせりふを読むとわたしなどは正直びびってしまう。
 でもビビるのは当然の感情。ビビらない、戦略たけた人の感性こそ怖いのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へにゃ、続き

 まだへにゃっとしている。三連休もあれこれ慌しく、まあ充実感もあったのだが、どうにも、しゃっきりできない。体力体調が落ちているからかなあ。。。

 関係ないが、頌栄教会の牧師説教はとても良いです。日曜の礼拝説教がだいたい毎週火曜くらいにブログで更新されているようです。私は毎週楽しみに読んでいます。英文に訳されたページもあり、キリスト教と英語の勉強を同時にしたい方にも便利?!(英文のほうは1,2週遅れで更新されているようです)
 ちなみに、この説教をされている頌栄教会の牧師さんに、私は二年前、洗礼をさずかったのでした。
 クリスチャンでない方には興味ないかもしれませんが(^^ゞ、とりあえず紹介しておきます。
 とはいえ、もともと声で話し言葉として<語られる>説教をべたな文章で<読む>のは、どんなに内容が良くても、ふつうはあまり面白いことではないことが多い。私はこの牧師さんが在阪時、毎週説教を聞いていたし、個人的にもある程度面識があって、口頭の語り口・喋る表情・身なりのイメージがあるから読みやすい面もあるかと思う。とはいえ、ぜひ一度のぞいてみてください。
 ところで、私にとっては、私自身が現在毎週通っている教会の礼拝説教(この説教もまた熱のこもった説教である(^o^)/)と、この頌栄教会の説教の聖書箇所が、最近、たまに重なっていたりニアミスしてるので、両者を比べながら読んだりするのも楽しい。同じ聖書箇所であっても、牧師さんによって、取り上げ方、ポイントとされるところがまったく違うことが多く、おおっ、と思うことが多い。。(←牧師にとっては、かなり嫌味な信者・・・?(^^ゞ)

***
ユダと話すときの
キリストのおだやかさ
ユダは泣きたくなつたであらう
 
         岡井隆『伊太利亜』
 実は、『伊太利亜』のなかのユダとか晩餐を書いた歌を私はあまり好きではない。なんでかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へにゃ

 ここのところ、かなり忙しかったのだが、どうにか今日ひとだんらく。
 あまりに疲れすぎたのと、張り詰めていた神経がへにゃっとなったせいで、なんだか胸のあたりが変な感じで、どーと泣きたい気分。というか気を許すと涙がでてくる。
 ほんとに疲れた。。。。。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネイティブ

 ここのところ仕事が忙しくて、昨日・おとといとかなり帰りが遅くなったのだけど、今朝は朝6時半の新幹線で横浜へ。うう・・ハードな日々だ。
 ところでその朝の新幹線、通路を隔てて横に白人の若い男性が座っていた。そのうち、いかにも大阪の若い人の喋るような声が聞こえてきて特に気に留めなかったのだけど、ふと横を見たらその声の主はとなりの白人男性だった。連れの日本人女性となにやら話をしている。彼の言葉はとても自然な話し言葉で、ほんの少し外人さんっぽい発音がところどころにある以外は完全にネイティブな日本語だった。しかも、こてこての大阪弁というわけではないけど、言い回しやアクセントが自然な感じの関西風。(たぶん九州出身で20年大阪に住んでいる私より自然な関西的な喋り方だと思う)くだけた若い人っぽい喋り方でなんだかひどく感心してしまった。
 ほんの少し残る発音の不完全さから、日本で生まれ育ったというわけではないように感じたけど、あそこまで外国語を自然に話せたらいいなあとごく素朴に感じた。
 それにしてもああいうふうにごく自然な日本語で喋られると喋っている内容そのものもどこか日本人っぽい気がするのが不思議。話の内容を事細かに聞いていたわけではないけど(^^ゞ考え方そのものもなんだか<日本人>な感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足が棒

 いろんなことが立ち行かない日々。
 なんでこんなことになったんだろうな、と思う。
 一番の原因は私自身で、私がなにより悪いのだけど。
 そういうどうしようもない自分が聖餐式にいるということ。
 本来ならいることも立つことも出来ない場に立っているということ。

****
 礼拝のあと、仕事で使うネット機器を買いに梅田のヨドバシカメラへ。
 ところがその機器は業務用だそうで一般店舗には置いてない、とのこと。取り寄せても一週間ほどかかる、とか。
 がーん、明日から使うのよ~|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||
 ↑ だったら、はよから用意しとかんいかい。

 キタで最大規模のヨドバシになくて、しかも業務用ってことでいわゆる普通の電器屋さんにはない可能性が高いみたいだから、ちょっとオタクな品揃えのミナミのでんでんタウンに行くしかない!と一路、でんでんタウンへ。(でんでんタウンというのは、ま、大阪の秋葉原みたいなところです。)
 でんでんタウンを歩き回って、結局、あそこにもここにもなくて・・まさに足が棒・・・って状態で、「あと二軒まわってなかったらあきらめて帰ろう」と心に決めて飛び込んだJohsin電気で、やっと欲しいものを発見。Johsinはその少し前、おなじくでんでんタウンの別店舗にもいったのだがそっちにはなかった・・。結局、比較的、普通の電気屋さんっぽいJohsinにあったのは意外だった(^^ゞJohsinは、「唯一の関西地元資本の店」を売りにしてて、店員さんも<地元資本>って鉢巻をしてた。意気込みはわかるが・・・(^^ゞ。最初に行った機器がなかったほうのJohsin店舗は、さらに徹底してて店員さんのユニフォームは阪神仕様で、店内にはずーっと「六甲おろし」が流れていた。

 それにしても、ふぅ・・・雨も降ってて足もべちゃべちゃ、こんなに歩き回ったのはひさしぶりで疲労困憊。
 ま、でも見つかってよかった C= (-。- )。

ギガイーサ・がちゃぽん・フィギュア・まんだらけ でんでんタウンに秋の雨降る 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »