« 雨の音の表情 | トップページ | 小人 »

39.6

 前回、のんびりと雨の音、なんて書いていたら、その後、各地で大雨でたいへんなことになっていて、なんだか申し訳ないような・・・被害にあわれた皆様の生活が一日も早く復旧されますように・・。
 私自身、長崎出身で大雨とか洪水というのはけっして遠い話ではなく、また数年前の東海地方の大雨では一晩止まった新幹線の中に閉じ込められた、というめずらしい経験(→参照HP「怒涛の帰還記」)もした。雨というのは怖いものです。

 木曜、風邪っぽいなと思いつつ出社して、夕方早めに会社を出て帰宅しようとした。が、電車の中で、はげしい寒気がして、長袖のカーディガンを着てても寒い寒い・・(隣ではノースリーブのお姉さんが元気そうにしてるのに)、こりゃいよいよ熱が出てきたと思って自宅の最寄駅で降り、病院に行こうとしたけど、木曜日の午後というのはこのあたりは軒並み「休診」。なんでこういう日に限って熱が出るかなあ・・と思いつつ、やっと見つけたあいている病院・・・産婦人科だったけど(^^ゞ一応、看板に内科とも書いてあったから飛び込む。初めての病院だったので受付で問診表を渡されて、それが全部産婦人科系の問診だったので面食らった。産婦人科なんで当たり前だが・・。ぼーっとしながらまじめに三分の一くらいこたえて、そういえば私は風邪できたんだったと、はっと思い出し、残りの質問ぶっとばして、「その他」のところに、<風邪>と記入して提出。看護婦さんが、「あ、風邪ですか?じゃあお熱はかってください」と言われてはかったら、39.6度!!
 看護婦さんもびっくりされて私もびっくり。慌てて「寒いでしょう」と看護婦さんが毛布もってきてくれて、それから点滴だのなんだのして帰宅して、一晩寝たら、いっきに熱が引きました・・。産婦人科の点滴はすごいかも(^^ゞ。
 といっても、翌日、翌々日まだ喉の痛みとか全身倦怠感とかあって、元気になるにはしばらく時間がかかったが。
 皆さんも風邪にはご注意ください。

 これは
 かはいい
 わたしの
  龍よ
 といふやうな
 フラアンジェリコの
 聖(セント)ミカエル

     『伊太利亜』岡井隆

|

« 雨の音の表情 | トップページ | 小人 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/11156558

この記事へのトラックバック一覧です: 39.6:

« 雨の音の表情 | トップページ | 小人 »