2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

大晦日

博多におります。家の不在がわかるのはまずいとのアドバイスもありましたが、ま、ブログの場合、速報性みたいなものもありますし・・(^^ゞあと一時間後に佐世保に向かいます。写真は博多キャナルシティの、あんまりよくわからん、た〜くさんのディスプレイ。あまり意味のないオブジェというか・・うーむ、発想が七十年代?!

では皆様よいお年をお迎えください。image.jpg

来年は・・・

 今年最後のごみ収集車の音楽が聞こえ慌ててゴミ袋抱えて駆け出しどうにか手渡し。
 しかれでもまだ部屋にはごみいっぱい。
 ああこのごみともども年を越す情けなさ。。。。。
 来年は来年こそは、と思いつつ。

黄月(おうげつ)のしづくぬらせる石階(せきかい)に摩滅せぬものはただ言葉のみ
                 『時のめぐりに』小池光

 来年も出張が多そうである。なかなか時間を作るのがむずかしい。体調や体力的な問題もある。
 ふぅう・・・しかし、まあ人生なるようにしかならない。どうなっても主のまもりはあるだろうし。
 みこころならば、言葉と向き合う時間を今年以上に得られますように。

仕事納め

 仕事納め。
 夕刻、本年一番最後の仕事が本部長決裁をいただくことであった。その決裁に見合う実績を来年は要求されることになる。その他全体として、積み残し作業も多々、しかしどうにか最低限はやりくりして、自己満足かもしれないけど、比較的すっきりして、定時後すぐ会社を出る。
 「飲み会じゃあ、ありませんからっ、ちょっと用事が!」と職場の人に言い訳して(「言い訳するのが余計怪しい」と言われつつ・・)向かった先は教会の祈祷会。本年最後の祈祷会に参加。平日夜の祈祷会はなかなか参加が難しいけど、今年最後ということですべり込み参加。ハイデルベルク信仰問答の勉強と今年一年を振り返って。

 教会に行くのに、今日は、モノレールに乗っていった。通常は、通勤経路の京阪から地下鉄・阪急乗継で行くのだが、今日は気分を変えてみた。モノレールから見る町の夜の景色が意外に(^^ゞきれいだったので、ちょっと得した気分になった。モノレールの高架からは、かなり遠くまで見通せる。ものすごく豪華な夜景というわけではないけれど、遠景の高層ビルのほのかな光も、まなしたを流れる車のライトの帯も、なにかはかないようなうるわしいような・・。ああ人の世なれどなあ。

元気がない

 はっと目が覚めたら朝7時5分。通常家をでるのが7時20分前後。どひゃあーと跳ね起きて準備して飛び出る。
 普通は、だいたい自動的に6時前に目が覚めて目覚しいらずなのだけど。念のために毎日目覚ましはセットしているのだが今日は忘れていた・・。
 なんでか週の始まりからどうも疲れっぽい。なんでかなあ。
 ・・・と内容のあまりない記述の続く最近のぶろぐ・・・(-"-)お読みいただいている方、すみません。

燭火礼拝

 燭火礼拝。無事、天使のパートをどうにかうたう。
 礼拝の直前、ここ数日マシになっていた咳が激しく出だしてどうなることかと思ったが、礼拝中はたしょう喉がごろごろしたけど大丈夫だった。

 なんとなくアンニョイになって、あるPCツールを起動した。このPCツールはフリーソフトをダウンロードして使っているが、その起動画面に箴言というか格言というか、ある<ひとこと>がランダムに表示される。有名な人の言葉の引用なのかツール作者の創作なのかよくわからないけど・・。 数ヶ月ぶりでそのソフトを起動させて今日、表示された言葉・・
 「人間、そう簡単に一人きりになれもしないのさ」
 ・・・・うーむ、なんか今日の私に神様が語りかけていると思ったな。。。。。
 
P1000013教会入り口のツリーを撮ったつもりだが、どうも設定がまずかったみたいで、シュールな?映像に・・・。

 夜10時過ぎまで会社にいて、ゴーという重低音の雨の音をいくたびが聞いた。(古い建物なので、屋根を打つ雨の音がよく聞こえる)幸い、帰るころには雨はやんでいた。そのかわり、帰宅後、自宅の窓を風が揺らしている。荒れ模様の年末である。
 いろんなことができていないまま過ぎていく。年賀状だってまだ買っていない・・。

 ところで、ここ数日、急に壊れていたPCが(まだ修理に出してない(-_-;))きまぐれに立ち上がる。で、そのPCに保存していた音楽を聴く。クラシックを聞くとき、唯一、日常を離れられる。ほんとに音楽をちゃんと聴く人からしたら許しがたい音質かもしれないけど、わたしにとっては十分。(といっても、けっこういい音ですよ。数年前に買ったCD/MDラジカセと変わらん→ラジカセでクラシック聞くのは言語道断という方もいるでしょうけど)
 気まぐれに立ち上がってくれたPCで音楽聴きながら、つくづく、代替機よりやっぱりこのPCがいいなあと思う。年明け、はやいとこ修理に出そう。

偽装ホテルに泊まっていた私

 ほんとは今週は台湾出張の予定だった。フライトもホテルも予約した後のキャンセル。まあ相手のあるしごとゆえ致し方ない。
 で、今週はヒマかーと思ったらさにあらず。むちゃ忙しい、半端じゃなく忙しい(ToT)
 「鱧と水仙」の原稿ができない・・・。
 やや咳が沈静化しているのが唯一の救い。
 
 関係ないが、小池さんが大阪で泊まったホテルだけでなく、わたしが今年の6月と11月、鳥栖出張時泊まったホテルも偽装問題で営業停止らしい。あのホテルに私は、計四泊もしているのですよっ!いわしピザとか能天気なこと言っている場合ではなかった〜。

ふゆのいろ

 横浜出張。関東の冬はなんとなく関西と色が違う。
 当初、今日の仕事内容を考えると早めに帰れるかも、と思っていた。が、あにはからんや、想定外の事態でなかなかたいへんな出張となった。
 どへーと疲れて帰宅。
 うー、明日も忙しいのだなあ。

みぞれ

 昨日は、4月以来やってきた仕事に関する、自分にとっては大きな打ち合わせがあり、無事終了してたいそう嬉しかった。
 一転して今日はなんとなくどんより。朝から病院に行ったのだけど、どうもマイコプラズマはあまりよくなっていないようだ。自覚症状的には、ここのところ咳はマシになってきている感覚があったのだけど、昨日くらいから少しまた良くない感じがあった。病院で検温したら微熱があったので胸部レントゲンを撮ったのだが、結果を見ながら先生が、「うーん、ややこの部分が白っぽいといえなくもないなあ。うつしかたにもよるけどなあ・・、うーん」ということで、薬を変更。三週間前に撮ったときは、「肺はまったく大丈夫!」と太鼓判だったのだけど・・・。
 その後、出社するも、レントゲン結果がなんとなく気になるせいか、ややペシミスティックに。
 なんとなく元気の出ない寒い帰路。雨はみぞれに変わりつつあった。こういう夜は人恋しい。

寒い

 超さむい夜。明日の朝は大阪も0度になるらしい・・・
 心も寒い。
 とぼ、とぼ、とぼ、と帰宅。愛とは信じることである。

天使?

 ほっほっほ・・、天使ですよ天使。本日、聖歌隊の練習してたら、急に、燭火礼拝(イブの日にある)で子供たちが掛け合い形式で歌う受胎告知の歌のお手伝いで、私は天使の部分を歌うことになった。小学生の女の子2,3名が歌う予定のところを大人二名がサポートでいっしょに歌うことに。(こんなへたくそでサポートにならんような気もするが・・・(-_-;))独唱ではないですが4,5名で歌うわけでちと緊張します。登場人物はマリア、天使、地の文(ナレーションみたいな部分(~o~)男の子が歌う)。
 明日から私のことをエンジェルと呼んでください。(実際は天使ガブリエルですけど・・)

どうにか元気

 まだ咳は少し残っているが、どうにか元気。昨日一昨日は横浜へ出張。
 ブログの更新がなかなかできませんがどうかご心配なく。

aneba2 自宅から徒歩10分ほどのところにあるホテルが例の偽装事件に関連して耐震強度が不足していることが発覚して12月5日から営業停止になっていることを知った。実はここは私の出版記念会のとき小池氏にお泊まりいただいたところ・・|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| 。地震がこなくてよかった〜(* ̄m ̄) 。証拠写真を添付いたします。我が家の近くにもこの事件が波及しているというのはびっくり。

 この事件によっていま大変な思いをされている多くの方々がいちにちも早く安心して生活が送れます様に。。。。

マイコプラズマ

 なんだか相変わらずバタバタしている。コメントへの返事もできずすみません。
 帰宅後、PCに向かえない事情のひとつに「咳」がある。かつ、なんとなくだるいのである。
 咳は10月下旬から断続的にあった。途中ほとんど快癒した、と思った時期もあったのだが、すぐにぶり返してしまった。それでも咳は四六時中でているわけではなく、いやむしろ昼間はほとんど大丈夫で(薬を飲んでいるせいもあると思うが)、夜、風に吹かれての帰宅時から帰宅後にかけて、ひどい状態になる。
 一週間ほど前、やはりいくらなんでも長引きすぎだと思って、再度、病院にいき、レントゲン検査と血液検査をしてもらった。で、レントゲン結果は大丈夫だったのだが、一週間後の昨日、血液検査の結果を聞きに行ったら、「マイコプラズマ」に感染していることを示す数値が閾値を超えているという結果であった。
 むかし、職場で「マイコプラズマ肺炎」がはやったことがあって、少し調べたことがあった。で、多少マイコプラズマに関しては知っていた。当時、自分自身も咳が長引いたことがあって、今思えば肺炎ではなかったけど、あのときも感染はしていたんだろう。(当時かかっていた医者が<やぶ>で検査もしてくれなかった、あとから別の病院で検査したときは、結局判然としなかった)
 ちゃんとマイコプラズマ用の抗生剤を飲んでいれば、治るらしい。私は肺炎ではないけど、かりに肺炎であっても外来で十分治るらしい。また、他の人への感染力も強くないらしいので、まあひとまず安心(?)。

 昨日、用事で高槻に行ったとき、コンビニに「ちゃんぽんおにぎり」なるものが売っていた。「ちゃんぽん」とあらば、長崎県人として放っておくわけにはいかない、ということで、早速購入。食べてみました。・・・結論、「ちゃんぽん」をなぜおにぎりとして商品化する必然性があるのか、それを理解するにはいたらなかった。なるとやらエビやら入れて、ごはんもちゃんぽん味(らしい・・・ようわからんかった)にした熱意は感じられるが、どうもその熱意が空回りしているようであった。ちゃんぽんはやはり麺類として食すほうがよろしいようで・・・
P1000011a
これが「ちゃんぽんおにぎり」だっ。クリックすると大きくなります。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ