2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 才能 | トップページ | 四ヶ月ぶり »

明日よりアドベント

 明日から、アドベント(待降節)である。教会暦では、クリスマス(降誕節)から4回前の日曜から4週間をアドベントとして、「主を待ち望む」期間としている。
 しかも、さらに特筆すべきは教会暦ではアドベントから新年がはじまるということになっているのである。つまり今日はクリスチャンにとっては大晦日みたいなものなのである!?・・・と書きつつ、すごく恥ずかしながら、私はさっきまで、降誕節から教会暦ははじまると勘違いしてて、「そうだ!これから一ヶ月かけて部屋を掃除したり身辺を整えて、降誕日(クリスマス)=新年を心新たに迎えよう」と思っていたのだ(>_<)
 アドベントから一年がはじまるなんてクリスチャンの常識だし、教会のHPの暦のページを作ったときもそういうことは聞いたような気がするし、先週の礼拝でも牧師先生は「今日が教会暦で言えば一年最後の説教ということになります」と言われていたのに・・・。なぜか思い込んでいた。ああ、思い込みとはおそろしい。そういうことで、大掃除はおろか、おせちもできてなければ年越しそばもない状態で除夜の鐘(←宗教が違うが(^^ゞ)を聞いているような心境のアドベント前夜である。

 そういうことで、なんとなく情けなくはあるが、アドベント前夜を記念して、世間より一足早く、今年一年を振り返ってみる。
 ・・・・振り返ってみれば、・・・・・・・・(T_T)、
 はっきり言って、今年は公私いずれも、サイテーの年でありました。
 はい、人生サイテーの一年といってもいいでしょう。
 あれも、これも、それも、いろいろと辛いことが多かった。
 いまも問題は継続していて、すぐには解決しそうにないことも多い。
 しかし、おそらくこれは自分としては通らないといけない一年だったのだろうと思う。
 この一年に不運なことやら不誠実な扱いやら、いろいろ遭遇したけど、結局のところ、苦しみの源は自分自身にあるということがよくわかった。
 そしてこの一年だけではなく、ここ十年ばかりを振り返っても、根源には自分自身の内なる問題があったと思う。

 ただサイテーといいつつも、たくさんのひとの<恵み>も感じた一年だった。さりげなく肩を叩いて励まされるような、そのようなことは無数にあった。そういうことのありがたさが一番わかった一年でもあった。

 たぶん、数年後に振り返ると、大きなターニングポイントと思えるような一年だっただろうと思う。ただ、たぶん、表面的には、生活の感じや自分自身の感覚は、数年前のような感じ(どんな感じや?(^^ゞ)に戻っていくような気がする。自分自身に戻っていく、という感覚が強いかもしれない。たぶん、短歌のペースも戻っていくだろう。
 きっと、これから、たいへんなことも(かなり切実に)あると思うけど、自分のコアの部分からブレないように(まあ多少はブレるだろうが)過ごしていきたい。

明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。
                             マタイ 6:34

« 才能 | トップページ | 四ヶ月ぶり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/7330565

この記事へのトラックバック一覧です: 明日よりアドベント:

« 才能 | トップページ | 四ヶ月ぶり »

これんのTwitter

無料ブログはココログ