« 聖歌隊 | トップページ | 心配事 »

こころ注ぐこと(箴言風に)

 なんにでも心を注ぐことはできない。
 歳を取ればとるほど、そう。
 わたしの杯は小さいのである。
 その小さい杯を虚しいことで満たしてはいけない。
**
 期待をされていない人間への言葉はやさしい。
 しかし言葉から、
 期待されていないことがわかったからといって落胆してはいけない。
 期待という檻からの自由を手にしたのだから。
**
 陳腐ながら・・4000年前から決まっていること-
 だれにでも優しい人間ほど冷酷な人間はいない。
**
 愛は、どこにもないことがわかったとき
 背中にいる。

|

« 聖歌隊 | トップページ | 心配事 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家庭にも職場にも教室にも
やはり愛のないとき、かけらすらないとき
人はどうすればいいのでしょうか?
そういうことだってあるわけですよ、現実の人生には。
そしてそこからはじまる何かというのもあると思います。

投稿: 吉浦玲子 | 2005年9月19日 (月曜日) 20:08

愛はどこにもないとわかったとき 
背中にいる
重い言葉だと思いました

愛は確かにどこにも形としてないのかも
でも
ちっちゃな愛というか・・
ハートのかけらはあると思いたいナ

一冊の本から の研究・佳境に入ってます
1日30時間ほしいくらい多忙ですが
悪夢にさいなまれつつ奮闘してます
ちつぽけな愛は
家族の中に 教室の中に 職場の中に
あるって思いたいな やっぱ。
私人に期待はされていませんが
人には期待しています(笑)頼る人生。

投稿: 藤村美子 | 2005年9月14日 (水曜日) 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5932063

この記事へのトラックバック一覧です: こころ注ぐこと(箴言風に):

« 聖歌隊 | トップページ | 心配事 »