« [湖]歌人への5つの質問・年齢 | トップページ | 激痛 »

天声人語

 今日の天声人語に青山墓地の話があって、茂吉の一首が引かれていた。

ならび立つ墓石(はかいし)のひまにマリガレツといふ少女(をとめ)の墓も心ひきたり

 朝日新聞はとっていなくて、たまたま出かけたところで目にしたものだが、帰宅して、WEBで確認する。ついでに数日分さかのぼり天声人語を読んでみた。なんか天声人語・・みょうに叙情的というか感傷的というか・・・。まあいまにはじまったことではないだろうし、天声人語のみならず、日本の新聞のコラムってそんな感じなんだろうな。あんまりちゃんとは読んでいないので、表面的な印象ではあるが。
 まっこうから何かに向かうという鋭さとか、それと隣り合わせのユーモアというものがない。なんか<まったり>している。てきとーに情感に訴えてあいまいに言葉をはしょる。その<まったり>に短歌を引用されるのはかなわない。

 朝から病院。なぜかやけに混んでいた。
 その後、大阪市立美術館のミラノ展へ。ミラノはローマやフィレンッェにくらべ美術史的に地味なところがあるらしいけど、展示はとても見ごたえがあった。ダ・ビンチの小さな素描以外は、あまり知られていない作者の作品がほとんどだったけど(私が知らないだけ(^^ゞ?)古代ローマ時代から20世紀まで、実に陰影のある作品が並んでいた。
 帰宅後、ミラノのことで少しネットサーフィンしていたら、若い写真家のサイトにいきあたった。どういう人かまったくわからないけど、なかなかこの写真はいいのではないか?
 芦田陽介という方のサイト。

|

« [湖]歌人への5つの質問・年齢 | トップページ | 激痛 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/6097765

この記事へのトラックバック一覧です: 天声人語:

« [湖]歌人への5つの質問・年齢 | トップページ | 激痛 »