« 砂 | トップページ | <瞬間の王> »

不信の極み

 ゆうべは結局、4時間かかってCD-ROM研修の課題を仕上げる。PCでテスト問題を解くのが課題なのだが、80%以上正解しないと合格にならない。結局3回つづけて不合格で、4回目で合格。一回のテストの所要時間が1時間(T_T)。毎回毎回ちゃんとテスト問題が違うというのが、まったく至れり尽くせりで、しっかり勉強せざるを得なかった。合格した解答内容を暗号化して研修所に送って終了。
 おかげで、「平均の分散の期待値は、母分散のN分の1」とか「規格値の幅をシックスσで割った値から工程能力を見極める」とかいうことがソラで言えるようになった。
 ・・・で、睡眠不足で出社すると、新しい通信教育のテキストと提出課題が送られてきていた・・・、むむむ・・。

 昨日も書いた『詩とことば』。
 そのなかで石原吉郎について書いた文章が沁みる。石原吉郎は、第二次世界大戦で応召、戦後も長くシベリアに抑留されるという過酷な体験をへて帰国。しかし帰国したものの、抑留という過酷な体験をしたにもかかわらず祖国は「シベリア帰りはアカ」という冷たい視線でしか彼をみなかった。やっと帰って来た日本に彼には居場所がなかった。
 そんな彼の詩を紹介しながら、荒川は書く。下記、長いが引用する。

 詩は自由なものである。それが日本語としてどう崩れていようと、乱れたものであろうと、無様であろうと、詩の世界では許される。むしろあわれなもの、さびしいもの、どこにも行き場のないものにこそなさけをかける。そしてそれらを擁護する。抱擁する。それが詩のもつ、あたたかみである。まわりにあるすべてのものが信じられなくなったとき、石原吉郎には詩のことばが見えた。

 擁護とかあたたかみ、という言葉があるが、それが「まわりにあるすべてのものが信じられなくなったとき」という言葉の対極にあることを忘れてはならない。
 不信の極みにたどりつくごくごく私的なことばの世界、それが詩なのである。

 夜、なぜかひさしぶりに息子とお好み焼き屋に行く。「行列ができる法律相談所」の橋本弁護士がうちのすぐ近くに住んでいるとは知らなかった。橋本弁護士の息子さんはうちの子の出身中学に通っているのだとか。・・・などといった他愛のない話などした。

|

« 砂 | トップページ | <瞬間の王> »

「詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5184049

この記事へのトラックバック一覧です: 不信の極み:

« 砂 | トップページ | <瞬間の王> »