« 不信の極み | トップページ | ぶくぶく »

<瞬間の王>

また『詩のことば』から引用する。

 一編の、目に見える詩のなかですべてを表現するのは無理なことである。その詩の前にあるもの、その詩が書き出される以前にあるものを利用する。呼吸をそこからも、もらいうける。そうすれば詩は、広い場所で、つくられることになる。

 これは<瞬間の王>としてある時期、圧倒的な支持を得、あるとき突然、詩から遠ざかった谷川雁について書かれているが、ひろく詩というもの、言葉というものについて示唆的である。
 <瞬間の王>は、目に見える詩のなかですべてを表現しようとした。よく練られたイメージと華麗な比喩。そこには人々を興奮させるものがあった。しかしそれは少し詩とは違うものだったのだろう。

|

« 不信の極み | トップページ | ぶくぶく »

「詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/5226710

この記事へのトラックバック一覧です: <瞬間の王>:

« 不信の極み | トップページ | ぶくぶく »