2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 欠詠 | トップページ | 手のひらとなまこ »

気温差・プラグマティズム


 日帰り東京出張。

 朝、6時40分の、のぞみで東京へ。新大阪についてから、ジャケットを家に忘れたことに気がついた。でがけに家でばたばたしてて、そのときは暑くて半そでのカットソーの上にジャケットは着ていなかった。忘れたことに気づき、新幹線の中は冷房で冷えそうなので困ったなあと思った。車内で一応、薄手のカーディガンは荷物袋にいれていたのでそれをはおる。しかし、新幹線のなか、さすがにそれだけでは冷える。そもそもカーディガンはひざ掛け代わりに遠距離出張時は四季にかかわらず持っていく必須アイテム。今日はその<ひざ掛け>がなく、膝が冷える冷える。。。

 おまけに降り立った東京は、気温そのものが低いようで、ひんやり。東京駅で落ち合った上司曰く、「今日は東京は最高気温が26度くらいらしい。大阪は30度くらいみたいだから、かなり気温差があるよ。」

 さらに悪いことに一日いた部屋がまた冷房が効いてて寒い。

 そんなわけで冷えまくって帰阪。

 新大阪駅に降り立つと、もわぁーむぅーっとする熱気。冷えるのも困るが・・、この湿気含みの暑さもなあ・・。


日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも

                             塚本邦雄
 上記の歌とは直接関係のないことであるが・・・、世の中<プラグマティズムな人>っているよなあ。人間的にけっこういい人であっても、どこか突っ込んで話をしたいと思えない。それなりに会話はできるのだけどあとからどっと疲れる。そういう人は面と面を接合するような、ボードの上に細かく線を張り巡らせるような実利実用の生活・感性で生きていっているのだ。価値観の相違であり、別にその人が悪いってわけではないし、むこうからみたら逆に私などはなんだかへんな奴であろう・・。しかし、だいたい自分の生活の中に<プラグマティズム濃度>が高くなると、私はペンギンのように逃げ出したくなる。とても孤独になる。いや正確にはもともと孤独だったことにあらためて気づく。そんな孤独も神様の賜物とも思う。思いつつ・・・気分はペンギン。
  今日はちゃんと腕時計をして出張したペンギン。

« 欠詠 | トップページ | 手のひらとなまこ »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

高澤志帆さんから短歌バトンが回ってきました。よろしかったらどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/4971993

この記事へのトラックバック一覧です: 気温差・プラグマティズム:

» 短歌バトン [気まぐれ徒然かすみ草]
高澤志帆さんから「短歌バトン」が回ってきました。 ■質問 □ 短歌を始めたきっかけを教えてください。 京都精華大学で、短歌講座があり、岡井隆氏が講師だったこと。 同年代MLで、俳句をやる人がいたこと。 □ 好きな歌人がいれば教えてください。 小池光 香川ヒサ 奥村晃作 □ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。 おいとまをいただきますと戸をしめて出てゆくやうにゆかぬなり生は(斎藤史) 倚りかかつ�... [続きを読む]

« 欠詠 | トップページ | 手のひらとなまこ »

これんのTwitter

無料ブログはココログ