« 気温差・プラグマティズム | トップページ | 短歌バトン »

手のひらとなまこ


 終日出張。といっても、大阪市内。一応、社外だけど、会社に行くより近い!^^;


 昼ごろ、「あ、今日はひょっとして早く帰れるかも」と気づく。
 で、急遽、左岸の会へ久しぶりに行くことに。
 今日の会は変則的で、中津昌子さんの『夏は終はった』と、吉川宏志さんの『海雨』の批評会。
 私は、ぜんぜん準備もしていなかったのと、どうも短歌モードが落ちまくっているので、ひたすら他の方の批評を聞くのみの参加。
 なんにも意見を言わず、中津さんや吉川さんに申し訳なかった。


かはいそうに。手が来てわれを撫でてをり体温いたくうすき手のひら               
        中津昌子

黒板に<なまこ>と書かれいる店に人のすきまを見つけて座る

                      吉川宏志 

|

« 気温差・プラグマティズム | トップページ | 短歌バトン »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/4986698

この記事へのトラックバック一覧です: 手のひらとなまこ:

« 気温差・プラグマティズム | トップページ | 短歌バトン »