« 博士の愛した数式 | トップページ | 共時性と共感 »

道半ば

 連休も終盤に至って、部屋の掃除に燃える。といってもちっともきれいにならんが。
 とにかくほっちらかっているモノ-特に本・雑誌類-をどうにかせんと、100円ショップで整理箱などを買ってきて整理を試みる。まだ道半ばである。

ごみ捨て場のここより見ゆる月蝕は速度を上げて欠け始めたり
              『雪耳(シュエアル)』足立晶子

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | 共時性と共感 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/4025104

この記事へのトラックバック一覧です: 道半ば:

« 博士の愛した数式 | トップページ | 共時性と共感 »