« ペンテコステ | トップページ | 土がた »

葦笛

パネラーのプロで暮らしてゆく道はなきか ひと生(よ)を葦笛として
                    『ルーノ』 大辻隆弘
 生活(たつき)というのは苦しい・・・。
 パネラーのプロであってもなくても、ひと生は葦笛。

疲れたるときは遠くを見よという月のまわりの空青くあり
                    『海雨』 吉川宏志
 今夜は半月だった。
 月は論理的思考を強いない。ばかばかしい作業を強いない。
 その青白い頬は冷淡でありながら深い情念を引き寄せてくる。

|

« ペンテコステ | トップページ | 土がた »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/4157881

この記事へのトラックバック一覧です: 葦笛:

« ペンテコステ | トップページ | 土がた »