« 道半ば | トップページ | ねむらむときのくるしみ »

共時性と共感

 GW最終日である。
 MRI受診に始まり、あれこれと個人的にはばたばたして過ぎてしまった。
 長かったのになあ、10日間、あっという間であった。。。。。

 なぜだか、昨日、急に「文藝春秋5月号」を買ってしまったので、ぱらぱらと読む。「平成ホリエモン事件」という特集を読みたかったといえば読みたかったのだ。(でもなんか一時的な気分で買ってしまったなあ、そんなまで読みたかったわけではない。それに反日デモだのJRの事故だの、あれこれあって、世間も私自身もすっかりライブドアの買収事件の印象は薄れているよなあ・・)
 いろんな人が<ホリエモン事件>にいろんなことを書いていたけど、あんまりぴんとこなかった。
 私は個人的には堀江貴文みたいな、ある種、ぺらんとした感じの人物が経営者として成功していくようになる世の中にはすごく不安感を持つのだけど・・・。

**
 今日は、HPの感想メールをある方からいただきうれしかった。
 面識のない方からであるが、<ここ1〜2ケ月のブログの内容から、「しんどいよ〜」という気持ちがストレートに伝わってきた>と。また、一面識もない私に対して「共感」や「連帯感」みたいなものも感じられた、とのこと。
 「しんどいよ〜」というのが、もろわかりなブログ内容というのもいかがなものかと思いつつ(^^ゞ、「共感」というのはありがたいような不思議な感じがした。
 この「共感」には、WEB日記のもつ共時性、というのも、ある程度、関与しているだろうな、と思う。

 ところで、ブログにしてときどきコメントをいただくようになり、またHPのほうには掲示板もありますが、コメントや掲示板ではなく、私宛になにかこっそり言いたいという方は、メールをください。ブログの右上にあるリンクからHPに飛んでいただき、HPの表紙ページのかなり下のほうにスクロールしていただくと自動でメールを送れるボタンがありますので、そこから送ってくださいね。
**
白鳥の飛来地をいくつ隠したる東北のやはらかき肉体は
                      大口玲子

|

« 道半ば | トップページ | ねむらむときのくるしみ »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/4042280

この記事へのトラックバック一覧です: 共時性と共感:

« 道半ば | トップページ | ねむらむときのくるしみ »