2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

リンク

フォト

« 地震! | トップページ | 花灯路 »

春の短歌・回答

春畑茜さんのアールグレイ日和へのトラックバックのかたちで自分で回答してみます。

【1】「春」というイメージが似合う歌人って誰だと思いますか?(あくまでも印象・イメージで結構です)
  永井陽子、斎藤史 (単純に歌のイメージから^^)

【2】好きな春の歌を教えてください。(正確な記述でなくても、「あー、ほれ、あの下句が<うすいがらすもみがいてまたう>とかいった・・・」といった程度でも結構です^^)

あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ 永井陽子
歳月はさぶしき乳を頒てどもまた春は来ぬ花をかかげて 岡井隆
数寄屋橋ソニービルディング屋上に青きさんぐわつのみぞれ降りゐき 小池光
萱(くわん)ざうの小さき萌を見てをれば胸のあたりがうれしくなりぬ 斎藤茂吉

 最後の歌、「胸のあたりがうれしくなりぬ」という妙に素直な?いい方が印象的

【3】短歌と関係ありませんが、好きな春の草木、花は?

 チューリップとかグラジオラスとかなんか理科の時間に栽培したようなのにこころ引かれる^^;

【4】春の短歌、というとき、<桜>に思い入れはありますか?

 <桜>の歌って、なんか怨念とか狂気に連なる感じで、敬して遠ざけたい

【5】短歌に季節感って必要?

 いま手元になくうろ覚えですが、小中英之さんの「わがからんどりえ」のあとがきに「季節のために」という言葉があったと記憶しています。それが印象的で、以後、やはり短歌は「季節のために」あるべきではないか、と思っています。

« 地震! | トップページ | 花灯路 »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

 「いもたこなんきん」・・・いやあリーズナブルなとこにいったもんですよねぇ^^
 なぜか三人でいったんでしたよね。

 森之宮とかで歌会をやっていたときは歌会のあとの飲み会がいつもこれまたリーズナブルな「酔虎伝」でしたが、こちらはご一緒しましたっけね。

吉浦さん、トラックバックありがとうございます!(<亀レスですみません!)
辛夷、いよいよ開花ですね。

そういえば、昔、吉浦さんや多田さんと行った「いもたこなんきん」いまでもぼんやりと
思い出します(笑)。

 風間さん
 コメントありがとうございます。
 大阪も今日はすっかり春めいてきました。山川登美子の歌は私はあまり読んだことないので新鮮でした。

ここに続いてコメントします。

【1】「春」というイメージが似合う歌人って誰だと思いますか?(あくまでも印象・イメージで結構です)

永井陽子さん、
東直子さん(タイトル『春原さんのリコーダー』「夜が明けてやはり淋しい春の野をふたり歩いてゆくはずでした」  東直子)
春村蓬さん(筆名と人柄から「セピア色の暮しのなかの華としてコンソメスープに浮かぶ絹さや」  春村蓬)  


【2】好きな春の歌を教えてください。(正確な記述でなくても、「あー、ほれ、あの下句が<うすいがらすもみがいてまたう>とかいった・・・」といった程度でも結構です^^)

あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ  永井陽子
鶏ねむる村の東西南北にぼあーんぼあーんと桃の花見ゆ 小中英之
後世は猶今生だにも願はざるわがふところにさくら来てちる  山川登美子


【3】短歌と関係ありませんが、好きな春の草木、花は?

スイートピー、辛夷

【4】春の短歌、というとき、<桜>に思い入れはありますか?

あまりありません。

【5】短歌に季節感って必要?

必要だと思います。
直接歌われていてもいなくても。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/3378043

この記事へのトラックバック一覧です: 春の短歌・回答:

« 地震! | トップページ | 花灯路 »

これんのTwitter

無料ブログはココログ