« 小雪舞ふ | トップページ | 教授がいっぱい »

福岡の東

 明日は博多に出張である。九州大学まで仕事で行くことに。現職場でのほとんど最後の仕事・・・。
 職場のAさん(たぶん大阪地元の人)との会話。
Aさん「明日、九大に行きはるんですか?」
私「そうなんですよー」
Aさん「九大ってどこにあるんですか?」
私「福岡市内です」
Aさん「じゃあ、○○○(わが社のグループ会社名)のあるところといっしょですか?」
私「そうです、そうです、おんなじ福岡市内です。」
Aさん「へぇ・・○○○と九大って近いんですか。」
私「うーん、近いといえば近いですけど、○○○は市内の中心部にあって、明日行く九大は、ちょっと田舎のほう、東のほうになりますねぇ」
Aさん「はぁ・・・東というと、関門海峡の近く?」
私「・・・。(●★△■!!福岡市はどげん大きか市ねっ)」
 九州外の人が九州の地理に疎いのは仕方がないけど・・し、しかし、博多が関門海峡に隣接しているなんてちょっとそれはあんまりな・・・それって外国の人が日本の首都は北京といったりするのとおんなじかしらね^^;


 九州出張を記念して、二週間前ちゃんと引用できなかった歌を・・・

泣かうごとある、とつぶやきたる女(ひと)の声の深みのなかの九州
                             大辻隆弘『抱擁韻』「九州」

|

« 小雪舞ふ | トップページ | 教授がいっぱい »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/3301021

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の東:

« 小雪舞ふ | トップページ | 教授がいっぱい »