« ガーリック・パワー | トップページ | bk1! »

クルミの中

 ポストを見たら、早川志織さんの第二歌集『クルミの中』(砂子屋書房)が届いていた。前歌集『種の起源』で現代歌人協会賞を受賞されてからもう10年もたつのか・・・。
 早川さんは一時、ご主人の仕事の都合で大阪に住んでおられたことがあり、しかもその住まいが我が家から徒歩圏内で、近所のスーパーとかで顔を合わせるくらいであった。それ以前は同じ結社でも「東京の人」という感じで、まったく接触がなかったのだが、短い在阪期間の間、何回か我が家での仲間うちの勉強会にもおいでいただき、親しくさせていただいた。その後、私が東京出張のおり、急に押しかけて、当時の早川さんの勤務先近くで飲んだこともあった。(その場所が「麻布十番」だった。これがあの有名な「麻布十番」かぁ、と、すっかりおのぼりさんモードだった私^^;)・・と、こういう個人的なことをぺらぺら書くのはお行儀悪いですが・・とても、なつかしくて。

青空のネジきりきりと巻かれたり一月一日風のない朝                      『クルミの中』
 歌集巻頭の一首。

|

« ガーリック・パワー | トップページ | bk1! »

「短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66828/2658939

この記事へのトラックバック一覧です: クルミの中:

« ガーリック・パワー | トップページ | bk1! »